スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

「タビと道づれ」6巻購入

2010.04.27 00:44  コミックブレイド系コミック

「タビと道づれ」6巻を購入しました。
タビと道づれ(6) (BLADE COMICS)タビと道づれ(6) (BLADE COMICS)
(2010/04/10)
たなかのか

商品詳細を見る
これが最終巻になりました。
打ち切りって終わり方じゃないですよー。堂々の完結です。


--- ・ ---


想像以上にドラマチックな物語でした。
どのキャラの願いも伏線になってるんですよね。それが最後になって絡んでくる。星をつかった喩えがほんとに素敵です。あれは何と表現したらいいんだろう。夢というか、とても長い白昼夢を見ていたような感覚です。

プラネタリウムに帰ってくるシーンは胸に来ました。あぁ、たまらん。



こうやって時を超えて再開するタイプには弱いですね。
夏、ノスタルジック、タイムリープと好きな要素が全部詰め込まれてます。
とても面白い作品でした。


タビと道づれはもっと評価されるべきだと思う。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画 - ジャンル : アニメ・コミック

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

「あまんちゅ!」 2巻購入

2010.02.17 02:04  コミックブレイド系コミック

「あまんちゅ!」の2巻です。
あまんちゅ!(2) (BLADE COMICS)あまんちゅ!(2) (BLADE COMICS)
(2010/02/10)
天野こずえ

商品詳細を見る
拳という名の肉体言語で語り合う。そんな2巻!


--- ・ ---


ついに新キャラ登場ですよ新キャラ。
姉と弟の双子。1巻は全体的に落ち着いてたんですが、この2人の登場で賑やかになりました。特に、姉さんがいいキャラしてますね。活発で明るく、そして可愛い。/从◯ω◯从\ 逆に、弟くんは大人しくてカッコイイ。何だこの組み合わせw 読んでて楽しかったです。

ゴールデンウィークのミーティングの話は、いかにも「青春」ってやつを感じましたね。
放課後や休日の教室って憧れません? 授業や休み時間とは違って、なんか簡素な雰囲気があるんです。そして、仲間同士語り合う。そんなシーンに、そこはかとなくノスタルジックを感じてしまいました。素敵だなぁ。

こういう学園生活をしてるシーンはもっと描いて欲しいです。



この漫画の主人公って"ぴかり"だけど、立ち回りでは"てこ"の方が主人公って感じがします。てこが転校して来てからの成長を描く…みたいな。
まぁ、誰が主人公でもいいんですけどね。

3巻楽しみです。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

「あまんちゅ!」 1巻購入

2009.08.24 16:47  コミックブレイド系コミック

続いて、「あまんちゅ!」の1巻です。
「ARIA」の作者、天野こずえの新連載ですね。
あまんちゅ!(1) (BLADE COMICS)あまんちゅ!(1) (BLADE COMICS)
(2009/08/10)
天野こずえ

商品詳細を見る

アニメイトで初めて見かけたので購入。コミックブレイド買わないので、新連載があったことすら知りませんでした。
ちなみにアニメイトの特典、しおり。
amanchu_shiori.jpg
制服とペチコートって可愛らしいですよね。


----****----


キャッチコピーは「日常ときどきダイビング」らしいです。
今回は「ARIA」と比べてギャグ多めな印象。主人公ぴかりの顔がよくデフォルメ?になる辺りがそう感じさせるんですかね。キャラクターは灯里をはっちゃけさせたようなイメージ。お淑やかじゃないです。マイペースなのはいいけど、笛をどこでも吹いちゃうのは痛い子に見(ry

てこと火鳥先生は髪型が似てるので、パッと見分けのつかない時が最初ありましたねw
けど、黒髪ロングって素敵です。うん、素敵だ。



今のところメインキャラは主人公2と先生1の3人。

この1巻ではダイビングするシーンがほぼなく、キャラ紹介と潜り方の説明がほとんどでした。ちょっと気圧の知識が増えましたよ。導入だからそんなモンですよね。

2巻に期待です。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

「タビと道づれ」5巻購入

2009.08.24 16:02  コミックブレイド系コミック

今さらですが、買った漫画の感想をパパッと書いていきます。

一番古いのは「タビと道づれ」5巻。
タビと道づれ 5 (BLADE COMICS)タビと道づれ 5 (BLADE COMICS)
(2009/07/10)
たなか のか

商品詳細を見る
毎回、このマンガは表紙がふつくしい……

----****----

5巻はかなり驚くシーンがありました。
ニシムラさんもセキモリかな……なんて思ってたけど、本当にそうでした。しかも結構腹黒い。真黒ですw かなり役者ですね。
まぁツキコさんに関しては腹黒+ヤンデレかな。80ページあたりは素で怖いぜ……。


あと、タビの本名も分かりました。本田美苑でタビというあだ名。なるほどなー


とりあえず、ニシムラさんのエピソードには感動しましたよ。伏線回収でちょっと鳥肌。
ユキタ君が彼を説得するシーンもカッコイイです。このあたりは物語の核心ですよきっと。




何となくクライマックスも近い予感。6巻が楽しみです。
それにしても三角関係って怖いな~

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

「タビと道づれ」4巻購入

2008.10.11 22:54  コミックブレイド系コミック

 早速買ってきましたよ。「タビと道づれ」の4巻です。
タビと道づれ 4 (4) (BLADE COMICS)タビと道づれ 4 (4) (BLADE COMICS)
(2008/10/10)
たなか のか

商品詳細を見る
 ・・・・・すごく、黒幕臭がする4巻でした。ちょっとガクブル。
 いや、真剣に鳥肌が立ったよッ!



 やっぱり「ドロボウ」の正体はタビでしたね。例の握手のシーンは何度見てもいい。「5年後のクロノ君に会いに行く」ってのが心にジーンと来るよ。あれはロマンというかファンタジーを感じずにはいられないw
 早く再開シーンが見てぇ。


 さて、問題はここからです。


 ひぐらしじゃないけど、世界がちょっと変わってきました。ツキコさんの登場の仕方があまりに不気味で怖いww鳥肌総立ち。どう見てもキーパーソンなんだよなぁ。
 そしてニシムラさんが・・・ニシムラさんが・・ニシムラさんがあああ(ry

 明らかに2人とも何かを握ってる。テガタなだけにww

 ニシムラさん・・・・ついに行動に出たね。でも昔のエピソードは切なすぎて泣ける。あぁ切ねぇ。「私だけのおまわりさん」か。なんて罪深い言葉なんだッ!
 ツキコさんは最後の△4つのテガタが全てを語ってます。・・・・・つまりは全部演技・・・だと!? マジかよ。にわかに信じられないんだが・・。



 今回は色々と神展開でした。トトから語られるテガタの秘密は興味深い。




 タビと道づれ・・・・。少しずつ物語の趣旨が分かってきて面白いです。俺が今最もオススメする漫画ですね。天野こずえ先生の「ARIA」が好きな人には読んでほしい。

 アニメ化しないかなぁ。

テーマ : マンガ - ジャンル : アニメ・コミック

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

「タビと道づれ」3巻購入

2008.10.06 23:16  コミックブレイド系コミック

 しまったッ!
 俺としたことが漫画を買い忘れていたw

 というわけで、「タビと道づれ」の3巻を買ってきました。
タビと道づれ 3 (3) (BLADE COMICS)タビと道づれ 3 (3) (BLADE COMICS)
(2008/03/10)
たな かのか

商品詳細を見る
 初版が3月10日・・・だと!?  くそッ、一生の不(ry
 本屋で見かけて何かに焦ったよw



 じゃあ軽く感想いってみよう。


 今回はタビとクロノ君の昔話が描かれてました。2人の意外な過去エピソードにちょっと驚く。クロノの「努力した分だけ見返りがある。」という考え方は好きだなぁ。彼は色々評価されるべき。
 これは結構キーポイントだよね。

 航ちゃんの「星」に対する考え方も良かったな。「欲しい」で手を伸ばすから「☆」か・・・なるほど。久しぶりにロマンチックを感じた気がします。

 というか、昔のタビがめっちゃ可愛い。あのロングヘアーはどう見ても反則です。
 可愛すぎる。



 最後の日付の違いとかファンタジー溢れてて面白い。世界観がうらやましいです。このワクワクってどう説明したらいいのかな。



 次が楽しみだなぁ・・・とか思ってたら、4巻が今月の10日に発売・・・・だと!? くそッ、一生(ry

 どうでもいいが、クロノ君を見てるとショタも悪くないと思ってしまう不思議w
 カノコにマゾいって言われてみてぇw

テーマ : マンガ - ジャンル : アニメ・コミック

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

ARIA12巻購入

2008.03.14 15:36  コミックブレイド系コミック

先日、「ARIA」の12巻買ってきました。
ARIA(12) (BLADE COMICS)ARIA(12) (BLADE COMICS)
(2008/03/10)
天野こずえ

商品詳細を見る
待望の12巻・・・・なんですが、これがARIA最後の単行本になってしまいました・・・。アニメ第3期もやってるのに・・・。少し残念。


~感想~
今回も内容は良かったです。相変わらずARIAは癒し空間が満ち溢れてますね。
前回はアリスが飛び級でプリマになって驚いたけど、今度はさっそく藍華が昇格してました。これは・・・意外とアッサリ。個人的にはもう少し詳しく見たかったと思うところ。
それでも3人の仲の良さは変わらない。ここは見ていて微笑ましいです。

もちろん灯里もプリマに昇格。通り名は「アクアマリン(遙かなる蒼)」だそうです。確かにアクアマリンみたいに透き通った心をお持ちでですね。
本当によかったよ。

ただ、プリマになると忙しくなるのは仕方ないらしく・・・・色々切ない部分も多かったです。
Navigation59「未来」はそんな切なさを感じさせるエピソード。灯里が涙ぐむシーンはちょっと胸に来ました。俺も少し涙が流れかけたのは内緒。
この部分は本当に感動。構成がよく出来てました。

最後は数年後?のARIAカンパニーが描かれてました。
あの灯里の髪型・・・サマになってきてるよね。あと、新しく入ってきた愛ちゃんがかなり可愛いです。


そのくらいかな。
人気あるからもう少し連載してほしかったです。来年はどこのカレンダー使えばいいんだw

テーマ : ARIA - ジャンル : アニメ・コミック

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

「ARIA 2008年カレンダー (壁掛け)」を購入

2007.12.14 22:56  コミックブレイド系コミック

少し遅れましたが、「ARIA」2008年壁掛けカレンダー買って来ました。
ARIA_2007calender.jpg
2007年のは壁掛けverと卓上verの2つを買ったんだけど、2008年はお金の関係で壁掛けだけ・・・・・。
貧乏って辛いよな。

言うまでもなく、書き下ろしのイラストは美しいものばかりです。
今回は先輩&後輩の2ショットが多かった。ARIAカンパニー姫屋オレンジプラネット、の順番で2人組が写ってます。オリキャラのアイちゃんは11、12月にいました。サントラCDのジャケット絵もありましたよ。
ARIA The NATURAL ORIGINAL SOUNDTRACK due (ドゥーエ)ARIA The NATURAL ORIGINAL SOUNDTRACK due (ドゥーエ)
(2006/05/24)
TVサントラ河井英里

商品詳細を見る
これこれ。中の曲もオススメですw
この遠くて、青く透き通るような空がいいよね。空の白と青って好きです。

来年も楽しく過ごせたらいいなw


あと、ARIAってアニメの第3期が始まるんですよ。
参照サイト⇒アニメ「ARIA The ORIGINATION」公式サイト
放送開始日は2008年1月7日
今YAHOOで1期2期の配信やってるみたいですよ。良かったら見てみては。

テーマ : 日記 - ジャンル : アニメ・コミック

| コメント(5) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

「ARIA」11巻 感想

2007.11.10 19:51  コミックブレイド系コミック

溜まった漫画のレビュー消化シリーズ ※多分これがラスト

第4弾は「ARIA」11巻。
ARIA(11) (BLADE COMICS)ARIA(11) (BLADE COMICS)
(2007/10/03)
天野こずえ

商品詳細を見る
待望の11巻です。
毎度同じこと言ってるけど、今回も癒されました。

最初のNavigation51 「クローバー」は感動ものだったよ。
天才と凡人の差アリシアさんやアテナさんはいち早くプリマになったのに、さんだけは時間がかかった。辛かったんだろうなぁ。最近俺もそれ感じたりする・・・。
そこに小さい頃の藍華が来て言うんだよ

ないものはないんだからしょうがないよ
ないものは付け足せばいいんだよ?

そこで晃さんは「私は努力に秀でた才能を持てばいいんだ」って思うんです。
・・・本当に感動しました。もう少しで涙腺に来る所だったよ。

あと、読んでると何やらケット・シーともう会えなるなるらしいです。
・・・少し残念だな。白昼夢の話とかかなり好きだったのに。
個人的に帰ってきてほしい。灯里の不思議な体験って結構好きなんでw

最後のNavigation55 「黄昏時」はARIA至上最も驚いた話。
アリスちゃんもようやくミドルスクールを卒業。ウンディーネとしてのスキルも高いし、そろそろシングルに上がるだろうとは思っていた。
そして・・・時は来た。
水上エレベーターを上っていくこのコースは・・・間違いなく昇格する。そう思ってページめくると・・・

黄昏の姫君(オレンジプリンセス)
今日から貴方はプリマウンディーネです

・・・・え、ええ、えええええ(ry
何とアリスちゃんがプリマに進級してました。しかも至上初のプリマ飛び級昇格。もうすごいよ。えっと、とにかくアリスちゃんプリマ昇格おめでとう
突然すぎて状況が把握できない・・w

ってことは灯里藍華アリスの後輩になるのか? にわかにその3人組は想像しにくいなw


とにかく次の12巻にも期待。3人がどんな関係になるのか楽しみです。

テーマ : 感想 - ジャンル : アニメ・コミック

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

「タビと道づれ」2巻感想

2007.11.08 23:49  コミックブレイド系コミック

溜まってた漫画のレビュー消化シリーズ (シリーズらしい)

第2弾は「タビと道づれ」2巻
タビと道づれ(2) (BLADE COMICS)タビと道づれ(2) (BLADE COMICS)
(2007/10/10)
たな かのか

商品詳細を見る
同じ毎日を繰り返す、ちょっと不思議な町のお話。
オビにはこう書いてあった。フィーリングコミックって世界観を説明するのが難しい・・・
tabi_obi.jpg
どうやらジャンルは「青春迷走リリカルファンタジードラマ」だそうです。・・・リリカルなのか。

まぁそれはいい

では感想
今回はカノコ中心のお話でし。毎日ユキ兄を止めに来るカノコ。実はテガタ持ってて記憶もあったなんて思わなかったよ。ちょっと驚いた。
東京へ行って夢をかなえる必要があるのか、そもそも叶うのか、といった少し難しいテーマが描かれてました。現実理想カノコ・・・辛かったんだろうな。ユキ兄の気持ちも分かるけど、もう少し早くカノコの気持ちも分かってあげて欲しかった

ごめん、やっぱり説明するの難しいですw
とにかくカコノは必死にがんばってました。あと、今回の彼女は特に可愛かった。

後半はついにヤツが登場した。
ニシムラさんを尾行するタビカノコが可愛かったんだが、あの「航ちゃん」がこのタイミングで出るとは予想外だった。けっこう背が高いんだな。年も20くらいに見えるんだが・・・、キャラは普通そうだ。
新キャラのツキコって人も何か怪しいし、航ちゃんとどんな関係なのかが気になる。

テガタの事も少しずつ分かってきたし、次の巻も楽しみです。
どうなるんだろうな。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

おとぎ銃士 赤ずきん 2巻

2007.08.19 20:45  コミックブレイド系コミック

今日も漫画のレビューします。
というか、ひぐらし目明し編と一緒に色々買ったんですが・・・・。
まぁいいや。それは後ほど。
おとぎ銃士赤ずきん(2) (BLADE COMICS)おとぎ銃士赤ずきん(2) (BLADE COMICS)
(2007/08/09)
緋色 雪

商品詳細を見る
「おとぎ銃士 赤ずきん」2巻です。ついに出ました。
いやぁ、もう相変わらず絵が上手いです。マンガ書いてる緋色雪さんがイラストレーターって事もあって、キャラの衣装の細かいとこまで丁寧に描かれてます。そんな画が見られるだけで十分満足だよ。
ちなみにホームページはこちら

では感想
2巻はグレーテル戦からのスタート。ネットでも人気のキャラだったし可愛かったよ。ツインテで少しつり目な所な感じが何とも・・・・。イイです。
その後の白雪姫には吹いたね。建物を直すだけでかなり魔法使うのか・・・。そんな白雪もツボにハマった。

後、この辺りから封印の鍵2つの世界の物語について明かされていきます。
この辺の神秘的な・・・というか童話みたいな話の流れが好きです。まぁこの作品自体が童話の塊なんだけどね。
何とも不思議な感じがします。というか、これ見てると「夢のクレヨン王国」思い出すんだよね。ちょっと言い過ぎかもしれないけど、あの旅をしてる時の雰囲気が似てるような気がするんだ。アニメのおとぎ銃士も童心に返りながら見てた気がする・・・。
ちなみに「夢のクレヨン王国」の公式サイトはこちら
あの頃は俺も純粋無垢な少年だったさ。

そんなおとぎ銃士赤ずきん。
次はいよいよファンダベーレへ突入。イラストレーターって忙しそうだから、打ち切りとかにはなって欲しくないなぁ。
次も期待です。

テーマ : 懐かしアニメ - ジャンル : アニメ・コミック

| コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

喰われる町

2007.04.18 22:30  コミックブレイド系コミック

ここ数日、更新できなくてスミマセン・・。
最近になって忙しくなりました。決してネタがないわけじゃないんです。今年は受験が待ち受けてるんでね・・色々と・・・。

そういえば月曜日に「タビと道づれ」を買ってきました。
タビと道づれ 1 (1) タビと道づれ 1 (1)
たな かのか (2007/04/10)
マッグガーデン
この商品の詳細を見る

雑誌で読んだ時から買うつもりでいたマンガ。オビには「ARIA」でお馴染の『天野こずえイチオシ!!』の文字がありました。

そして内容。
俺はこんなストーリーがスゲェ好きです。何か全体的に切なさが漂ってる・・・・ような気がする物語です。そんな中身です。一言で言うなら幻想的白昼夢みたいな不思議な空気が漂ってます。
オビには

青春リリカルファンタジードラマ

って書いてありました。
う~ん。やっぱり説明しにくいですね。
舞台は『同じ夏の1日を繰り返す緒道』という町。毎日が『今日』で、毎日同じことが起こっている。さらに町から出ようとすると地面に穴が開いて、人を飲み込もうとします。そんな町に突然現れるのがタビ。彼女と、町から出ようと試みるユキタ、そして警察官のニシムラさんのストーリー。
ほのぼのしてるのに謎めいていて、さらに切なさを感じるこの物語。すごくファンタジーだし、キャラクターも個性的で面白いです。タビがドジッ子というのもポイントだったり・・。

これは次の巻が楽しみです。最後は町から出られるかもしれないヒントもあったしね。
オススメの1冊です。

テーマ : マンガ - ジャンル : アニメ・コミック

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

ずっきゅ~ん!

2007.01.10 21:28  コミックブレイド系コミック

最近、何かテンション低いです。
何でだろうなぁ。少なくとも「Wii」が手に入らないことが一つあると思う。いや、まだあった・・。あろうことが、友達がPSPに手を出してしまったのだ・・・。なんたることだ・・・。これも「Wii」があまりの人気ゆえ、品不足が生じてるからか・・・・。くッ、悲しいことだ・・。なぜPSPに手を出す前に相談してくれなかったんだ・・・。DSの方が、今の時代を行くDSの方が面しr(ry

だが、俺は耐える!
もう少し、もう少しの辛抱なのだ。あと少しで念願の「Wii」がこの手に、この手に入れることができる・・・、ハズなんだ。
そう信じてる!

――――――――――――――――――――――――
では、いつもの日記書きます。
今日は「おとぎ銃士赤ずきん」を買ってきました。発売したのは去年の12月26日。

べっ、別に忘れてたわけじゃないんだからねッ!!?

おとぎ銃士赤ずきん おとぎ銃士赤ずきん

著者:緋色 雪
販売元:マッグガーデン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ずっきゅ~ん!

今、マイブームの「おとぎ銃士赤ずきん」です。
見ての通り、童話(おとぎ話)に登場するキャラクターが色々と詰め込まれた作品です。赤ずきん白雪姫いばら姫ヘンゼルとグレーテルハーメルンの笛吹き男ブレーメンの音楽隊シンデレラなど色々。黒幕サンドリヨンの名前の由来は、フランス語の『シンデレラ』(Cendrillon)から来てるみたいです。勉強になるね。
最近見てるアニメの中ではダントツで面白い。見てて一番笑ってると思う。童話全部知ってるわけじゃないんですが、キャラクターも個性豊かで面白いです。OPや赤ずきんの声が田村ゆかりだったり、作中におでん缶が登場したり、色々とすごいアニメ。
アニメ自体も『深夜33時のアニメ』とか呼ばれたりするらしいです。
ネタや名前の作り方も調べてて面白い。詳しくはWikipediaとかで調べて下さい。

観てない人にオススメなアニメ。
すごくファンタジーな物語。俺はこういうの好きだなぁ。土曜日の朝も侮れない。

マンガの感想
作画してるのがイラストレーターの方なので、とにかく絵がキレイでした。アニメと少し衣装が違うのは原案を重視したからだそうです。
2つの世界、「エルデ(科学の世界)」「ファンダヴェーレ(魔法の世界)」。この「2つの世界の物語」の伝説を元にストーリーが進んでいくんですが、展開にも無理はなく、どんどん世界観に入り込むことが出来ます。すごく和みますね。
この1巻では、まだ赤ずきん達がエルデに来たばかりの話が中心でした。そのエピソードも良かったけど、何より銀狼ヴァルの活躍っぷりが面白かったです。大変なんですよ狼は。
1巻は最後、「1,2,3,じゅ~うすぃ~!」の合言葉で終了。もちろん2巻も買います。

そういえば、今日の「ネギま!?」で黒板に『ずっきゅ~ん!』て言葉が書かれてましたね。見たとき吹きました。

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

ARIA卓上カレンダー

2006.11.26 22:29  コミックブレイド系コミック

昨日、トワプリのTVCMを初めて見ることが出来ました。
あれはマジで嬉しいね。やっぱりパソコンで見るのとテレビで見るのとでは、迫力がぜんぜん違います。「テレビの中でリンクが動きまわっている」。それだけで感動しましたからね、俺は。

 
今日は、ついに頼んでたものが届きました。
まずは「鋼の錬金術師 15 (15)」。

鋼の錬金術師 15 (15) 鋼の錬金術師 15 (15)

著者:荒川 弘
販売元:スクウェア・エニックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ハガレンですね。
実は、ハガレンをamazonで購入したのには訳がある。単刀直入に言うと、用は1500円を越えさせるために買ったんです。(ハガレンももちろん早く読みたかったんですけどね・・・。)

そうです。

ついに、「ARIA 2007カレンダー(卓上)」も届いたんですよ。
aria_takujo

デフォルメ!!

表紙の3人組が可愛いです。デフォルメってイイですよね。
中身もデフォルメの絵が多いので、癒されること間違いなし。ボリューム満点の内容です。
壁掛けの方は、過去に見たことのある絵が幾つかあったんですが、この卓上の方は新しく書き下ろされたものが多いように思えます。いや、多分多いはずです。
あと、全体的にふんわりしていて落ち着きます。個人的には壁掛けより卓上の方が好きかな。
来年は明るい1年が過ごせそうだ・・・。

 

今日はこの辺で。
明日は数学や化学のテストがあるから勉強しないと・・・。
いや、でも、まずはハガレン読みます。

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

ARIA2007年カレンダー

2006.11.13 22:08  コミックブレイド系コミック

今日、ついに待ちに待っていたものが届きました。
来年2007年のカレンダー、「ARIA 2007カレンダー(壁掛)」です。
ariacallendar
アニメ版の「ARIA The NATURAL 2007年 カレンダー」もあるんですが、やっぱり原画の方がイイですね。俺は好きです。
天野こずえ先生の、思わず見とれてしまうような美しい絵がまぶしいぃ・・・・。久しぶりの癒しを感じました。
絵もザッと見たんですが、何故かウッディー暁さんみたいな男性キャラが載ってないんですよ。これは少し残念だったかなぁ・・・。でも、その代わりアイちゃんが2箇所も登場してて良かった。オリキャラなのに出番が豊富。

 
これとは別に「ARIA 2007カレンダー(卓上)」もあります。

ARIA 2007カレンダー(卓上) ARIA 2007カレンダー(卓上)

販売元:マッグガーデン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

壁掛と一緒に買うつもりでいたんですよ。最初は。
とにかく、まずは壁掛の方だけ買ってみることにしたんです。コレだけは欲しかったので・・・。

が、しかし
色々サイトを回っていると、「デフォルメが可愛いね!」とか「アリシアさんが最高に良かった!」とか「あのカワイさは反則だよ!」みたいな感想がちらほらと・・・・。

くそッ、これは買うしかない!!

お金もヤバいんですが、恐らく、きっと、いや必ず手に入れます。

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

クリアファイル

2006.08.30 17:59  コミックブレイド系コミック

今日は「月刊 COMIC BLADE (コミックブレイド) 2006年 10月号 [雑誌] 」買ってきました。
そしてこれが付録の「ARIAミニクリアファイル」です。
ariamini_omote
ariamini_ura
とても綺麗です。何度見ても美しい・・・・
2枚組みセットでこれはオトクですよ。買って後悔することはないと思います。まさに永久保存版。これだけで俺の心は満たされましたよw

で、内容。

ARIAはセンターカラー
Navigation48はプリマに関する話でした。今回はレギュラーだけでなく、姫屋やオレンジぷらねっと出身のウンディーネが数人登場。灯里もいいセリフ言ってます。
癒されますねぇ。
俺もあんな純粋な人になりたいです・・・・
そして今日、「天野こずえ画集3」発売しました。

天野こずえ画集3 Cielo(シエロ) 天野こずえ画集3 Cielo(シエロ)

著者:天野 こずえ
販売元:マッグガーデン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これも欲しい・・・

他にも「おとぎ銃士 赤ずきん」がセンターでした。
アニメもやってる赤ずきん。これはおもしろいと思うよ。アニメもたまにチャッカリ見てたりします。
マンガの方も絵がキレイです。ネタも面白いから楽しい。たぶんマンガもちゃっかり買っちゃうと思われる。
そうだ。アニメのOPは田村ゆかりさんが歌ってらっしゃるんです。

童話迷宮 童話迷宮

アーティスト:田村ゆかり
販売元:コナミ
発売日:2006/08/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ひぐらしのなく頃にの梨花ちゃんの声優さんでもあるんですよ。んっふっふw

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

ペーパーになった

2006.08.27 17:54  コミックブレイド系コミック

つ い に 復 活 ー ー ー ー !

やっと夏の宿題が終わりました。長い間サボっててすみません。
さらに今日で模試も終わりました。
これで俺の前に立ちふさがる敵はいないぜッ!

というわけで色々あったわけですが、本当に疲れました。
宿題のエピソードはまた後日にでも・・・・

話は変わり

今月の30日に「月刊 COMIC BLADE (コミックブレイド) 2006年 10月号 [雑誌]」が発売されます。
付録はなんとARIAのミニクリアファイル2種セットォッ!!
これはもう買うしかない。最近そんな熱意に燃えるリヴァです。買うっきゃないでしょこれは。
そしてこの時期、出始めるんですよ。2007年度のカレンダーがぞくぞくと・・・

ARIA 2007カレンダー(壁掛) ARIA 2007カレンダー(壁掛)

販売元:マッグガーデン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ARIAは買うつもりでいます。
他にもガンガンとか他の雑誌のも欲しいけど、お金ないしね。

ARIA 2007カレンダー(卓上) ARIA 2007カレンダー(卓上)

販売元:マッグガーデン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

卓上カレンダーも買うかな・・・・

とにかく何もかも終わったのでスカッと爽快したい気分です。

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

テスト4日目

2006.07.10 22:41  コミックブレイド系コミック

今日でテストが終わりました。出来たのもあれば出来なかったのも・・・。
でも、そのあとのクラブで疲れました。こんな暑い日に長時間動くと、体力をかなり消費します。久々だしね。
何がともあれ、テストが終わったので良かったです。

今日はその学校の帰りに「ARIA」⑨巻を買ってきました。

ARIA 9 ARIA 9

著者:天野 こずえ
販売元:マッグガーデン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前回、藍華ちゃんが髪を切ったんです。表紙がもろネタバレですね。今回はAQUAから数えて11番目の巻なので、季節は。少し涼しくなった情景が描かれてて癒されました。⑨巻ではアニメでも放映された「アリスの自分ルール」も載ってました。『影だけ踏んでお家に帰ろうルール!!』ってやつです。彼女はオチャメですね。一番良かったのは、暁さんや晃さんの子供時代を描いたお話。晃さんがすげぇ・・・。暁が「兄貴と呼ばせてください。」とお願いしたほどのやんちゃぶり。みんな昔と変わらないんですね。

あとリンクに2つ追加しました。よかったら行ってみて下さい。

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

ARIAの世界

2006.04.29 19:18  コミックブレイド系コミック

今日も「ARIA」を読んでました。他のマンガと比べて飽きないんですよね。これがまた不思議なところ。イイ意味で盛り上がらないのがイイ。一話一話で区切られてるからでしょうか? 例えるなら「クレヨンしんちゃん」や「ドラえもん」のような感じです。描かれてるのは普通の日常なんですが、これが和むんですよ。・・・・・当たり前のことですね・・・・ハハッ。これこそ癒し系、フィーリングコミックというやつです。このマンガ読んで、「好きこそ物の上手なれ」ということわざが好きになりました。

ARIAの世界の題材となってるヴェネツィアには一度でいいから行ってみたいです。ARIAを知る前から行きたいとは思ってたんですけどね。道路は車が通れないほど狭く、道は迷子になりそうなくらい入り組んでて、町は海に浮いている。移動は徒歩かゴンドラ(船)を使い、家は教会より低いので揃った町並みになってる。何より水が町を流れてるんですよ。さぞかし景色はキレイなんだろうなぁ。イタリアならではのシエスタやレストランの影追い・・・。それも魅力的です。広場には噴水とかもあったりして・・・・・。実際マンガやアニメの世界でしか知らないので、実際どうかは分かりませんが・・・。
漫画でも灯里たちが町に迷いこむ話があるんですが、そういうシーンは好きだし憧れるんです。迷い込むことで、自分たちの知る世界とはまた違う世界が見えてくる。実にイイです。
ヴェネツィアといえばそう、ポケモンの映画を思い出します。あれもヴェネツィアを題材にしたアルトマーレという世界が舞台だったんです。「水の都の護神 ラティアスとラティオス」ですね。

劇場版ポケットモンスター 水の都の護神 ラティアスとラティオス 劇場版ポケットモンスター 水の都の護神 ラティアスとラティオス

販売元:メディアファクトリー
発売日:2002/12/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

あの映画もサトシが少女に化けたラティアスを追って迷路のような道を抜けて、誰も知らない公園のようなところに出るんです。なんて魅力的なんだ!憧れるじゃないですか。とても不思議で神秘的なんですよ? イイです。映画見てて「この世界イイ」とか思ってたぐらいですから。兄弟愛も美しく描かれており、この映画はホントに良かったです。
また、この映画はポケモンが死んだ初めての作品なんです。それによって戦争に対する「怒り」も込められてるように感じました。
ちなみにポケモンは自分とても詳しいです。シルエットみたら名前は分かるしタイプも分かるし、その知識は半端じゃないです。クラス相手でも勝つ自身があります。
話それましたね。

まぁそのくらい自分の頭はヴェネツィアやARIAの世界に洗脳されてるわけです。

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

最近

2006.04.15 18:29  コミックブレイド系コミック

この記事の前に書いてあったやつがあるんですが、あるトラブルによって消えてしまいました。正直ショックです。テンションも下がり放題です・・・・。
まぁ気を取り直していきましょう。

春にもなり、何か新しいことがしたいなと最近思ってます。いわゆる『何かいつもと違う感』を味わってみたいんです。こんなどうでもいいような素朴なことを、最近思ってたりします。

これまた最近ですが、『和みてぇ、癒されてぇ』 と思ってたりしました。
それで買ったものがコレ

ARIA 1 (1) ARIA 1 (1)

著者:天野 こずえ
販売元:マッグガーデン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

そう、ARIAです。
アニメ化もされ、癒し系である評価も高いこのARIAをまとめ買いしました。さすがに金がいるので弟と協力して買ったんですけどね。たまにこうやってお金を大量に消費するのは少し罪悪感を感じるんですが、何か妙なスッキリ感はあります。ただのバカとでも言ってください。
そして内容ですが、想像してた以上に良かったんです。絵はとてもキレイだし、ストーリーも読んでて落ち着きます。全体的にほのぼのとしてるんですよ。間の取り方も何か上手いです。1コマを2ページ使って大胆に描かれてるとこもあります。描かれてるのはごく普通の日常なんですが、何度も読みたくなるような漫画です。
レビューしてるみたいですね。これはもうレビューなのか。

最近はこんな感じです。

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

カウンター

プロフィール

最近のコメント

アクセスランキング

リンク

応援

カテゴリー

カレンダー(月別)

東方の記録(ノーコンティニュークリア)

RSSフィード

中の人

アクセス関係

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。