スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

「涼宮ハルヒの分裂」感想

2008.01.08 22:41  涼宮ハルヒシリーズ

・・・・・・・かなり遅れましたが、「涼宮ハルヒの分裂」の感想書きます。

ふぃーさん、本当にありがとうございました。心よりお礼申し上げますm(_ _)m
涼宮ハルヒの分裂 (角川スニーカー文庫 168-9)涼宮ハルヒの分裂 (角川スニーカー文庫 168-9)
(2007/03/31)
谷川 流

商品詳細を見る
内容はタイトル通り。ハルヒ達SOS団と瓜二つのキャラが登場します。
新キャラは2人。一人はキョンの中学の友人である佐々木。一人は冬の館で長門を苦しめた周防九曜。それ以外に、朝比奈みくる誘拐事件のときに登場した橘京子や、もう一人の未来人である藤原も登場する。

たしかにSOS団のキャラと立場が似てます。
今回の話はかなり面白みがあった。何というか・・・これは新展開なのか、といった感じ。本当はハルヒじゃなくて佐々木に力が与えられるはずだった、みたいな話になってますw
こういう展開が待ってるとは思ってなかったな。面白いです。

ちょっと整理してみる。
古泉の機関に対抗する橘のグループ。長門の対有機生命体コンタクト用ヒューマノイドインターフェイスに対抗する周防の天蓋領域。朝比奈さんに対抗するのは同じく未来人の藤原。ハルヒはキョンの同級生だった佐々木。キョンは分からんけどね。

ひぐらし風に言うと、これで全ての駒が揃った・・という感じかな。ほぼ佐々木の存在でハルヒの世界が大きく見えてきた気がする。
これで最後どう閉めるんだろうか。分裂の最後に長門がまた熱出してたから、周防たちが動いてるのは分かる・・・・・。けど、どうなるんだろう。

もう展開が読めません。そろそろ最終回が近いのかな。
とにかく、次の驚愕も楽しみです。
スポンサーサイト

テーマ : 涼宮ハルヒの憂鬱関連 - ジャンル : アニメ・コミック

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

涼宮ハルヒの憤慨 ~感想~

2007.08.24 21:16  涼宮ハルヒシリーズ

えーっと、遅ればせながら「涼宮ハルヒの憤慨」を読み終えました。
涼宮ハルヒの憤慨 (角川スニーカー文庫)涼宮ハルヒの憤慨 (角川スニーカー文庫)
(2006/04/28)
谷川 流

商品詳細を見る
前の「動揺」から1ヶ月近く経ってるけど・・・。あまり気にしないでください。
色々あったんだな、ということで理解よろしく。

では感想。
まず最初のカラーで吹きましたよ。というか正直キョンに恋愛ものはムリだと思ったさ。
それよりも注目すべきは生徒会長かな。あんなにもキャラの表裏でギャップが激しいとは思わなかったよ。会長さんイイなぁ。女性キャラは猫かぶってる奴多いけど、男性キャラでギャップのある人は珍しいと思う。
喜緑さんも書記としてすごく似合ってた。・・やっぱり、彼女も長門関係だったのか・・。

それにしても長門の書いた小説は神秘的だったよ。キョンの小説はオチ見えたし、朝比奈さんのも彼女らしいのに仕上がってた。
だが長門は違った。あれは・・・難しかったけど、情報統合思念体として宇宙であったことを書いてるんだよね? 想像以上に奇抜でイメージするのすら難しかった。
何がともあれ古泉君乙。最近結構がんばってると思うんだ。


もう1つの「ワンダリング・シャドウ」は結構衝撃的。
だって・・・それは・・もう、人間の神秘を感じた瞬間だったよ。
「憂鬱」の頃に長門はキョンにこう言ってた。

―情報の蓄積と伝達速度に絶対的な限界のある有機生命体に知性が発現することなんてありえないと思われていたから―

そして「ワンダリング・シャドウ」では情報生命素子というものが宿って初めて知性を得る、という事になってる。ということは、長門たち宇宙人にとって人間は奇抜で、命を持ったロボットみたいなのが一般的ってことだよね?
まぁ、悪魔で小説だから何とも言えないのは仕方が無い。でも想像してみると結構スケールがデカくないですか? 俺なんて壮大すぎて思わず「おぉ!」と呟いてしまったぐらい驚いたんだけど・・・・。俺だけかな。

そんな意味でも結構面白かった「憤慨」
是非とも人間の死の概念が知りたいものだ。・・・長門、教えてくれないかなぁ。

テーマ : 涼宮ハルヒの憂鬱関連 - ジャンル : アニメ・コミック

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

「涼宮ハルヒの陰謀」 ~陰謀は最後に分かる~

2007.07.27 21:22  涼宮ハルヒシリーズ

夏休みに入り、ハルヒも2学期までお預けかと思ってたんですが、先日celesさんに「陰謀・憤慨・分裂」の3冊を貸してもらうことが出来ました。
有り難き幸せ!! 本当にありがとうございました。

さて、まだ「涼宮ハルヒの陰謀」しか読み終わってないんですが、少し感想を書きます。
涼宮ハルヒの陰謀 (角川スニーカー文庫)涼宮ハルヒの陰謀 (角川スニーカー文庫)
(2005/08/31)
谷川 流いとう のいぢ

商品詳細を見る
最初のプロローグは「消失」の最後・・・、というか続きです。やたら長いんで、プロローグ以外の話として使ってもよかったんじゃないかと思う。・・ちょっと無理か。
そんな長いプロローグでは再び消失長門と遭遇。・・・いいな長門。バグとはいえ、どっちの長門も何かかわいそうだった。やっぱり長門は無理してたんだな。

そしてここからが本編。
もう読み始めて早々の時間遡行にはちょっと驚きました。表紙が朝比奈さんだから予想はしてたけど・・・。今度は未来からやってくるんですね。
その登場の仕方も何かマニアック。なぜ、なぜにロッカーなのか正直疑問に思った。
途中、朝比奈さんの「枕元に長門さんが立っててじっと見下ろしてる・・・」という発言には思わず吹きました。まさにオヤシロ様。頼んだら本当にやりそうな所がイイね。

ここまでくると、長門自身がだんだん変わっていく様子がよく分かります。
だって昔の長門は

お茶を用意する  それとも

晩ご飯?

なんて絶対に言わないじゃんw。人って変わるもんなんだな。
・・・いや、長門は宇宙人か。


まぁそれはいい
全体的に「陰謀」は未来からのオーダーに答えて行く、という流れで進んでいくんですが、今回は色々と新キャラが登場しました。古泉が話してた機関の敵、あと朝比奈さんと同じように未来から来た敵。・・・何か複雑になってきましたね。
朝比奈さんが色んなことで一喜一憂するのは可愛いんだけど、正直そればかりに捕われてたらダメなんだね。まさか誘拐されるとは思ってなかったよ。
この辺で未来から朝比奈さんが来た理由がわかりました。正直8日も戻らなくても良かったと思うんだけど・・・・。これも規定事項なのかな。
意外にも結構ドキドキしたシーンでした。

続きを読む

テーマ : 涼宮ハルヒの憂鬱関連 - ジャンル : アニメ・コミック

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

「涼宮ハルヒの暴走・動揺」の感想

2007.07.21 23:03  涼宮ハルヒシリーズ

今日は「涼宮ハルヒの暴走・動揺」の感想書きます。
何とか6巻まで読みました。・・結構時間がかかるんだね。テスト明けだったのにも関わらず忙しかったんだ。

それじゃ、まずは「涼宮ハルヒの暴走」から
涼宮ハルヒの暴走 (角川スニーカー文庫)涼宮ハルヒの暴走 (角川スニーカー文庫)
(2004/10/01)
谷川 流

商品詳細を見る
この巻は長門の出番が多かったように思う。
最初の「エンドレスエイト」とか正直驚いた。もう・・・普通に長門がんばりすぎだろ。マンネリほどつまらないものはないよホント。
コンピュータ研との決戦は、アニメ同様長門が輝いてました。俺もハッキングできるぐらいのスキルは欲しいな・・・。やらないけどね。
「雪山症候群」は面白かった。ちょっと不気味というか緊迫感のある雰囲気が好きです。
長門がまともに対抗できなかったなんて前代未聞だよ。時間にズレが起こる設定は面白かったけど・・・これは誰の仕業なのかな? 非常に気になる所だ。
雪山症候群の謎は早く明かして欲しいですね。


次は「涼宮ハルヒの動揺」
涼宮ハルヒの動揺 (角川スニーカー文庫)涼宮ハルヒの動揺 (角川スニーカー文庫)
(2005/03/31)
谷川 流

商品詳細を見る
学園祭の話がここで明かされました。
ハルヒ長門のライブシーンは何度見てもすごいな。それに参加する長門も長門だけど・・。
「朝比奈ミクルの冒険 Episode 00」は思ってた以上にグダグダだった。アニメはそんなに気にならなかったのに・・・不思議です。でも、朝比奈さんのPVとして売り出せば、間違いなく成功するよ。

「ヒトメボレLOVER」は印象が大きく揺れ動いた1話。
アメフト部の中河という名前に親近感を感じつつ、キョンに告白したシーンは吹きました。
何かもう

ガチホモなのか!?

って感じ。アッーって思ったよ。
誤解が解けた後、長門宛の手紙がハルヒにばれるシーンも吹いた。結構お約束な展開だけど、そんなベタな展開が好きな俺ガイル。
最後、長門から真実を明かされた後は妙に切ない。そんなの見える人もいるんだね。
中河と長門、どっちもかわいそうだったな。

「朝比奈みくるの憂鬱」は文字通り、朝比奈さんのどこか元気のない姿が描かれた1話。
朝比奈さんの泣いてる姿も可愛かったんだけど、やっぱり時間遡行して欲しいな。退屈消失のイベントが印象に残ってるせいか、何か物足りない感じがしてしまった・・。いや、今回のエピソードも未来に関係してて面白かったけどね。




・・・さて、まだ陰謀憤慨分裂の順で本が残ってるんです。が、何せ夏休みに入ってしまって本が借りられない状態に陥ってしまった・・・。
どうしようかな。このままお預けになるのも辛いもんだ。

テーマ : 涼宮ハルヒの憂鬱関連 - ジャンル : アニメ・コミック

| コメント(8) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

退屈と消失の長門はイイ

2007.07.12 23:08  涼宮ハルヒシリーズ

今日は「涼宮ハルヒの退屈・消失」の感想を書きます。
相変わらずハルヒをたらたら読む日々。「憂鬱と溜息」6月24日の記事を参照してください。


というわけで、さかのぼる事2週間前。期末が近いのにも関わらず、2巻分読みました。
まずは「退屈」から
涼宮ハルヒの退屈 (角川スニーカー文庫)涼宮ハルヒの退屈 (角川スニーカー文庫)
(2003/12)
谷川 流いとう のいぢ

商品詳細を見る
これは何と言っても「笹の葉ラプソディ」が良かった。
あの地上絵描いたのがキョンだったとは・・・・意外だな・・。始業式にハルヒが言ったセリフの意味が分かったよ。
その後の長門の対応もイイ。もう何でも可能にしてくれる彼女が好きです。
というか先日の第二期発表の動画ってこれなんだよな~。何気に印象深い。

退屈もいいけど、「消失」はもっとスゴかった。
涼宮ハルヒの消失 涼宮ハルヒの消失
谷川 流 (2004/07)
角川書店

この商品の詳細を見る
何といっても長門長門だ、もう長門しか語ることないだろ?
っていうぐらい長門が魅力的だった消失。
まさか・・、こんな話がやってくるとは思ってなかった。本当にみんな消えてるんだもんなぁ~。谷口がハルヒの情報教えた瞬間とか

TA☆NI☆GU☆CHI☆スゲー

って思わず叫んだから。いや、マジで。
本編で谷口が始めて活躍した瞬間だと思った。男キャラで一番好きだ。

そんな消失は何か読んでて緊張したんです。もう休憩なしで読んだくらいですから・・。不思議とドキドキする、あの追い詰められてるような臨場感を俺は高く評価したい。
やっぱり印象的だったのは長門の性格。見た目が同じでもキャラ違ったらイメージが全然違うんですよ。頬が紅潮する長門なんて、イメージすら難しい。いつもの長門のイメージが強すぎるんだろうなぁ。
でも正直かなり可愛かった。また1つ、俺は長門の魅力に気g(ry

ネットで傑作と言われてるだけあります。「退屈」の話と繋がってたのも良かった。2重に同じ世界が見られて非常に面白かったと思う。

テーマ : 涼宮ハルヒの憂鬱関連 - ジャンル : アニメ・コミック

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

ハルヒの「憂鬱」と「溜息」

2007.06.24 16:51  涼宮ハルヒシリーズ

この1週間は「涼宮ハルヒ」シリーズをたらたら読んでました。
涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)
(2003/06)
谷川 流いとう のいぢ

商品詳細を見る

涼宮ハルヒの溜息 (角川スニーカー文庫)涼宮ハルヒの溜息 (角川スニーカー文庫)
(2003/09)
谷川 流いとう のいぢ

商品詳細を見る
「今更ハルヒ読んでるのか?」というツッコミはなしでお願いします。

というのも、この前の三者懇の待ち時間に、手にとって読んだのがキッカケ。谷口が登場したあたりで終わってました。
まぁそんなわけで、せっかくだし借りることにしたんです。

感想
「憂鬱」はアニメとほぼ同じ内容。むしろアニメから小説ができたんじゃないかと思うくらいだった。さすが京アニ。最初に読んでてそう思いました。
あと、ハルヒの性格がアニメ以上に過激な感じがすごく伝わった・・ような気がする・・・。悪く言えば自己中心的。特に「溜息」の映画を撮るシーンとかやりすぎだろ? 朝比奈さんがかわいそうだ。
・・・そんなこんなで、少しハルヒのイメージが変わった瞬間だった。

同時に長門のイメージも少し変わった。
アニメ以上に存在感があると感じたのは俺だけかな? 「憂鬱」で朝倉と戦うシーンも好きだけど、「溜息」朝比奈さんのミクルビームを止めに入るシーンが結構印象に残った。アニメでは語られなかったしね。
まさか本当にビームがでるとは・・・思ってなかったよ。それを止める長門も長門でカッコよかった。いざという瞬間にキャラが変わる長門。無表情な長門。・・・何かイイな。
また一つ、長門の魅力を知ってしま(ry

あとは古泉君だ。
アニメではかっこいいだけのイメージが俺の中にあった。でも・・・、彼って結構しつこいんだね。読んでてそう思った。長々と語ったり、キョンを誘うあたりが・・・しつこい
よくガチホモ呼ばわりされるもの分かるよ。うん、仕方ない。
谷口と同様、ネタにされやすいキャラw この2人なら谷口の方がいいね。あそこまで愛される脇役っていないしね。

テーマ : 涼宮ハルヒの憂鬱関連 - ジャンル : アニメ・コミック

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

カウンター

プロフィール

最近のコメント

アクセスランキング

リンク

応援

カテゴリー

カレンダー(月別)

東方の記録(ノーコンティニュークリア)

RSSフィード

中の人

アクセス関係

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。