スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

京都・嵐山花灯路2010のレポートのようなもの

2010.12.20 02:20  旅行・キャンプ・聖地巡礼

12月16日(木)、嵐山の花灯路を見てきました。

     公式サイト→京都・花灯路

花灯路といえば、3月の東山も見にいきました。嵐山は今回初めてです。
この日は最低0℃、最高10℃という寒さの中、多くの観光客が来ていました。
何気にカップルが多いですね、えぇ。そんな気がしました。
自分は相変わらず男友達といっしょに行動してますけどね…w





嵐山の地理がサッパリだったので、この日は流されるままに
二尊院 → 落柿舎 → 竹林の小径 → 渡月橋 → 宝厳院
という順番で移動しました。
いくつか写真を載せてみます。



~竹林の小径~
arashiyama10_takeyabu.jpg
知る人ぞ知る、竹林のトンネルがある場所です。
写真はそこから少し離れたところ、黄や青っぽい光でライトアップされてて綺麗でした。
そんなこと言いながら、嵐山の竹林を見たのは初めてです。地元の竹林よりも高く、夜空が隠れてしまくらいの屋根ができていました。雨降っても濡れないんじゃないかなーなんてw



~渡月橋~
arashiyama10_togetsukyo.jpgarashiyama10_kawazoi.jpg
嵐山といえば、最初に渡月橋をイメージする私です。それくらいしか頭になかった。
橋のライトアップも綺麗ですが、個人的には川沿いの点々とした灯りの方が好きです。
見晴らしも良いので爽快でした。

あと、この場所すごく寒かったですw
渡月橋のせいで、どうも嵐山は「寒い」イメージがあります。
「渡月橋」と「寒い」はセットですね。



~宝厳院~
arashiyama10_hougon1.jpgarashiyama10_hougon2.jpg
渡月橋から北西に向かったところにある宝厳院です。
「獅子吼の庭」がライトアップされてるということで見てきました。

ここの特別拝観は格別に美しかったです。
オブジェクトの配置や光の照らし方が特徴的でした。紅い落ち葉が緑の葉や苔によく栄えるんですよ。更にそれがライトアップされている。日本庭園やばいです。
どの方向見ても画になってしまうような絶景でした。
宝厳院はオススメです。





さて、来年の3月には東山花灯路2011が催されます。
見たことのない人はぜひ行ってみて下さい。
スポンサーサイト

テーマ : 雑記 - ジャンル : 日記

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

京都・東山花灯路2010の感想

2010.03.18 23:47  旅行・キャンプ・聖地巡礼

17日、京都の東山花灯路2010を見に行きました。
その様子をちょっと書いておきます。写真も載せますが、手ブレや写りの悪さはご了承。手ぶれ補正なし(笑)のカメラでがんばったんですw

公式サイト→京都・東山花灯路2010


--- ・ ---


河原町から最初に向かったのは、八坂神社円山公園
円山公園にはライトアップされた生花や灯篭があって綺麗でした。
higa_hanatouro1.jpg
夜なのに明るい。不思議な空間。



その次は青蓮院に行きました。
higa_hanatouro2.jpg
これは入り口付近でライトアップされてた木。見たら分かるw
写真じゃ分かりにくいけど、かなり見ごたえのある大木です。そしてふつくしい……。

青蓮院は夜の特別拝観をしてたので、中に入らせてもらいました。
higa_hanatouro3.jpg
中はこんな感じ。

ここの見所は、青白くライトアップされた庭園ですね。あれはどう表現したらいいんだろう。神秘的で綺麗でもあるんですが、どこか不気味な感じもする光景でしたね。
庭園の順路は思ってたよりも長く、何かのアトラクションコースを歩いてるような不思議な気分になりました。青蓮院の庭園は歩いてみるべき!


その後は、清水寺に向かいます。結構離れてるけどね。


ねねの道にキレイな路地があったので撮影。
higa_hanatouro5.jpg
高台寺の下にこんな路地があるでしょ? あそこです。
シンメトリーで、より美しく見える……。この道は結構印象に残りました。



そして清水寺に到着。
higa_hanatouro6.jpg
↑この日、一番キレイに撮れた写真です。

去年の夏に昼間の清水寺を拝観したんですが、それとはまた違った趣がありました。
もうメチャクチャ綺麗ですよ! 幻想的! 京都市内の灯りもよく見えて、大満足でした。

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

| コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

白馬コルチナ国際スキー場に行ってきました

2010.02.27 01:47  旅行・キャンプ・聖地巡礼

2月22日~25日にかけて、長野の白馬へスノーボードしに行ってきました。
場所はホテルグリーンプラザ白馬。そこの白馬コルチナスキー場です。

その様子をダラダラ書いていきますね。





23日。朝8時にホテル到着。さっそく着替えて滑りに行きます。
hakuba_snow1.jpg
この日はよく晴れてました。
「白馬には雲がないの?」ってくらい快晴でしたね。そして暑い。吹雪いてるよりはマシかな。

午前中は板に馴れるため、ひたすら「横滑り」を繰り返します。
スキーと違って両足が固定されるので、最初はバランスをとるのが難しい。そして結構こけます。お尻からなら大丈夫なんですが、前のめりに⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡となると痛いw まえに重心かかると胸からダイブすることになります。
この時は「滑る」というより「乗る」という感じ。2回くらいゲレンデ降りると安定しました。

その次は「木の葉落とし」。
横滑りに慣れると、木の葉落としもすぐ出来るようになりました。これで下まで滑り切れると楽しい。これのバックとフロントができたら、いかにも滑ってる感じになります。操れてる、みたいな!


--- ・ ---


温泉入って分かったんですが、全身が筋肉痛でやばい。特に腹の筋肉痛はタチが悪いですね。なぜかって? 笑うたびに腹に痛みが走るんですよw 「ガキの使い」の罰ゲームみたい。

部屋では大富豪で熱い戦いを繰り広げてました。かれこれ2時間くらいは白熱してましたね。しかし、笑うたびに腹が痛いw 何と幸せな罰ゲームなんでしょう。
とりあえず、ここで初めて「5でスキップ」というルールを知りました。メジャーなの?


--- ・ ---


24日。筋肉痛で一つ一つの動作が辛いw でも滑りたい!
hakuba_snow2.jpg
頂上から撮った写真です。この日も快晴でした。白馬で雲を1回も見てない。
昨日もよく晴れてたので、雪質がちょっと氷っぽくなってました。それゆえにツルツル滑る感じ。


この日はひたすらターンの練習をしました。
これが結構難しい。切り返す瞬間の重心移動がなかなか上手くいかないんですよ。バック→フロントが鬼門。スピードも出るので、こけると痛い。昨日以上にこけまくりました。それはもう「ケツの穴が2つになるんじゃね?」ってくらいw

努力の甲斐もあってか、最終的にキレイに滑られるようになりました。
ターンするタイミングは大事だけど、何よりもポイントは重心を左足に乗せること。これで飛躍的に上手くなりましたね。スーパーインストラクター(笑)の友達にも惚れられました。「2日でこれは凄い」とのこと。やったねリヴァさん。

自分で言うのもなんですが、本当に上手くなりましたね。
まだ急な斜面は無理だけど、緩やかな坂ならターンができる! かっこよくターンができるとかなり楽しいです。これで「キャーリヴァサーン」って呼ばれる日もそう遠くないぜ……。
なんて思ったりw



次の冬もスノボしに行きたいです。

テーマ : スノーボード - ジャンル : スポーツ

| コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

ねねの道~八坂神社~円山公園を散策

2009.10.12 23:42  旅行・キャンプ・聖地巡礼

一応、ひとつ前の続きになります。
前回⇒清水寺を観光してきた

せっかく写真撮ってきたんだからUPしよう。そうしよう。それがいい。せっかくだしね!




清水寺を見たあとは、八坂神社に向かって歩きます。
to_yasaka_1.jpg
写真は、二年坂か三年坂のどちらか……。う~ん、どっちだったかなw
シルバーウィークの晴れた日だったので、人はかなり多かったです。もう清水寺の境内に負けないくらいにね。

この辺りは土産物屋もあるので、観光にはもってこいのスポット。京都に20年住んでるけど、ここは「まさに京都」という雰囲気があって良いです。



高台寺を通りすぎた時に見えた大きな像。
to_yasaka_2.jpg
調べたところ、霊山観音という像らしいです。高台寺は拝観してないんですが、外から見えたので撮影。


この高台寺の周辺には、ねねの道もあります。豊臣秀吉の妻、ねね様。ここに住んでおられたのでね。
to_yasaka_3.jpg
あまりネットには上がってない場所を撮影……。ただ人が少なかっただけです。
ねねの道の小路はキレイでしたよ。石畳やら昔ながらの建物やら色々。歩くだけで楽しい、撮って楽しい、最高です。一言に京都が味わえました。

ねねの道は非常にオススメ。清水寺から三年坂、二年坂の順に周って欲しい!


----****----


そしてやさ八坂神社に到着。左の画像は南楼門、右の画像は本殿です。
yasaka_1.jpgyasaka_2.jpg
八坂神社には四条河原町から行ったことがあるので、そこまで面白みがなかったかなぁ。言ったら失礼ですが……。ファーストインプレッションは大事です。


八坂神社の隣には、円山公園という場所があります。
maruyama_1.jpg
こんな池があったり。右側にサギがいました。
枝垂桜の木がたくさん植えられてるので、春になると花見目的の観光客が増えます。俺はここの桜見たことないけどね。

この円山公園には、「坂本龍馬・中岡慎太郎の像」もあります。
maruyama_2.jpg
公園の奥の方にひっそりと佇んでいらっしゃいました。
何か渋さがあってカッコイイです。


そういえば、この日は大道芸のパフォーマンスしてる人がいました。
ジャグリングやらディアボロやら色々。トークも面白くて楽しめました。新人の人はミスが目立ってまたけど……それでも迫力あったなぁ。頑張ってほしいです。

ちなみに、俺は中学生時代に文化祭でディアボロを披露したことがあります。もちろんクラス内で役柄を分けるんですよ。そんな経験もあってか、妙に親近感もあったわけです。


話が脱線しましたが、帰りは西楼門から出ました。
yasaka_3.jpg
こちら側の方が見なれた感じ。



この後は四条河原町をブラブラし、最後は京都駅まで徒歩で帰りました。10kmはかなり堪えるねw でも地理は完璧に把握できたので良し。

テーマ : 京都・奈良 - ジャンル : 旅行

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

清水寺を観光してきた

2009.10.09 01:02  旅行・キャンプ・聖地巡礼

2週間以上も前の話なんですが、清水寺を観光してきたので紹介します。

日時はシルバーウィークの9月21日。高校時代の友達2人と俺の3人で行ってきました。全員京都出身だけど、そこまで京都に詳しいわけじゃない。きっかけは、「京都って金閣寺くらいしか行ったことないぜ…」みたいな会話から。

まぁ、俺は金閣寺も行ったことないんだけどね。





これが当日歩いたルート。
正確には、清水寺~ねねの道~八坂神社~四条河原町をぶらぶら散策してます。
kiyomizu0921_root.jpg(キョリ測より引用)
バスも結構走ってるんですが、その日はシルバーウィークで天気は晴れ。人はめちゃくちゃ多いし、道路は渋滞してます。京都駅を同じ時間に出発したのに、バスと人で到着時間が同じ。
お金は浮くし、体力もつくし、地理に詳しくなる。歩けば良いと思うよ!





そんな感じで東山五条に到着。大谷本廟から入って行ったので、途中墓地がたくさんありました。軽く山を登る気分です。


清水寺の境内に入り、最初に目に入ってきた建物。
kiyomizu_1.jpg
左が仁王門。右には、西門三重塔が見えます。ちょっと神聖な雰囲気。
よく晴れてたので、写真撮ってる人が多かったです。


仁王門を正面から。
kiyomizu_2.jpg
両サイドには狛犬。青い空に朱色が映えます。


最初の写真にあった三重塔
kiyomizu_3.jpg
見る場所によるけど、遠くからだと三重に見えない罠。
思ったより幅が狭いと感じました。そもそも、三重塔を近くで見るのが初めてかもしれないんですがw とりあえず高さはあります。昔のビルみたいなイメージがあったりします。


細かいけど、西門にあった彫刻。
kiyomizu_5.jpg
西門自体はそこまで見栄えしないんですが、柱の部分にキレイな彫刻がありました。まさに芸術作品です。美しい。
あれって全部掘って作られてるんですかね?


三重塔・西門のある場所から、西側を撮影。
kiyomizu_4.jpg
この日撮った写真の中では、一番のお気に入りかも。この青い空と白い雲! すばらしい。
京都市内が一望できる……とは言えないかなw よく晴れてたので向こうの山まで見渡せました。写真では分かりにくいけど、左大文字の形が見えるんですよ。


----****----


いよいよ清水寺の舞台に入ります。ちなみに、ここから拝観料300円。
kiyomizu_7.jpg
清水の舞台から見える奥の院です。もうホント人多すぎ。


その下には、音羽の滝がありました。
kiyomizu_6.jpg
50mくらい長い列ができてたので、ここはパスすることに……。流石シルバーウィーク。


そして、これが清水寺の本堂と舞台。
kiyomizu_8.jpgkiyomizu_9.jpg
左は奥の院から。右はもう少し離れた場所から。
有名なのは左の写真なんですが、逆光で黒くなってしまいました。じゃあ載せるなって話ですけどねw 少し場所を変えると、あの三重塔といっしょに撮影できます。

清水の舞台を出てから分かったんですが、あそこの足場って十字の柱があるだけで、×の柱がないんですよ。あれは古い造りなのかな? 建築詳しくないから分からんけど。


舞台の下に咲いてた彼岸花。
kiyomizu_10.jpg
丁度お彼岸の時期だったので、綺麗に咲いてました。
ちなみに、左上に見えるのが舞台の足場。縦横の柱がない。



まぁそんな感じです。



続き⇒ねねの道~八坂神社~円山公園を散策

テーマ : 京都・奈良 - ジャンル : 旅行

| コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

東福寺の龍吟庵を拝観してきた

2009.09.24 01:23  旅行・キャンプ・聖地巡礼

またまた前回の続き
前回⇒宝塔寺(七面山)を見てきた




宝塔寺の後は、京阪電車で「深草⇒東福寺」に移動。
tofukuji090916.jpg(キョリ測より引用)
伏見稲荷大社だけで4km、さらに宝塔寺で2kmほど……。かなり歩いたので、電車も悪くない。


では、写真を載せていきます。
tofukuji_1.jpg
こちらは日下門。東福寺の入り口です。
ここに来るまでにも、いくつか院がありました。地図でもわかるように、東福寺という囲いは結構大きいんですよね。


中に入ると、大きな建物が目に飛び込んできます。
tofukuji_2.jpgtofukuji_3.jpg
←の写真は本殿です。結構大きい。
→の写真は三門です。これも大きいですね。なかなか迫力がありました。


----****----


さて、この日は龍吟庵が特別公開されていたので、拝観してきました。ちなみに拝観料は600円。
龍吟庵は無関普門という人の住居跡で、方丈は国宝・重要文化財にされています。
tofukuji_4.jpgtofukuji_5.jpg
写真は、龍吟庵につながる偃月橋です。東福寺三名橋の1つらしいです。
よく見ると、橋が弓なりに曲がってるんですよね。橋からの眺めも木々が生い茂ってて良い感じ。こう、橋を渡って向かうという過程が好きです。


~ここから龍吟庵の中へ~


方丈は撮影禁止なんですが、そこの枯山水がとても美しいので撮影してきました。
枯山水を生で観るのは初めてです。


まずは南庭。
tofukuji_6.jpg
「無の庭」と呼ばれ、何もない白砂敷きになってます。これだけなんですが、しっかり手入れされていて綺麗なんです。
殺風景とは違いますよ。


次に西庭。
tofukuji_7.jpg
「龍の庭」です。資料によると、龍が海中から黒雲を得て昇天する姿を、石組によって表現しているそうです。
真ん中にあるのが龍の頭ですね。それを中心にとぐろを巻いている……。これ相当迫力ありましたよ。ガイドさんの説明を聞いてると、更にリアリティが増します。これは鳥肌モノ。まさに芸術!


最後に東庭。
tofukuji_10.jpg
「不離の庭」という。資料によると、狼に襲撃されそうになった国師の身を、二頭の犬が守った様子を表しているそうです。向こうと手前に3匹ずつ狼がいます。

これ、犬に追い払われた狼は、しっかり向きをかえて逃げてるんですよね。石の回りにある砂の輪は、その物体が動いている様子を表してるのだとか。よく作られてました。今にも動きそう、とは言いませんが、それぞれの石が犬や狼に見えるんです。何とも不思議な世界。

あと、よく見たら砂が赤いんですよね。こういう庭は写真でも観たことがないです。


----****----


龍吟庵はここまで。予備知識なしで観に行ったんですが、これは十分に拝観する価値がありました。実に印象深い。お勧めしたいスポットです。





それと、9月16日の観光もここまでです。この後、なぜか京都駅まで歩いて帰ったんですよねw 伏見稲荷大社で移動した距離も含めると、計10kmほど歩いたことになります。……若さですね。

そんな、京都出身の学生とその友達による京都観光でした。
おわり。

テーマ : 京都・奈良 - ジャンル : 旅行

| コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

宝塔寺(七面山)を見てきた

2009.09.23 21:57  旅行・キャンプ・聖地巡礼

一応、前回の続き
前回⇒伏見稲荷大社を参拝してきた Part2




伏見稲荷大社の後は、宝塔寺に向かいました。
hotoji090916.jpg(キョリ測より引用)
結構適当な線。だいだいあってるからいいのさ。

自分自身よく分からずに行ったんですが、宝塔寺は日蓮宗の寺らしいです。ただ、前身は真言宗とのこと。詳しく知りたい人はググってね。


こちらが入り口
hotoji_1.jpg
誰もいませんでしたね。駅から離れてるし、平日ってのもあって、訪れる人は2~3人。


中に入り、石段を登ると仁王門が見えてきます。
hotoji_2.jpghotoji_3.jpg
左の写真が仁王門。数年ぶりに見た気がします。何か珍しい感じ。
右の写真は本堂。看板には「重要文化財」と記されていました。結構大きくて古いので、貫禄がありました。ちなみに、本堂は1608年の建立で、日蓮宗本堂としては京都最古のものらしいです。

伏見稲荷大社を見てきたせいか、すごく静かで落ち着いた印象を受けましたね。


本殿の裏には、「七面大明神」に続く道があります。
hotoji_4.jpghotoji_5.jpg
石灯篭と石段の組み合わせがキレイ。それが一番印象に残ってます。
この階段も結構長くて大変。ずっと歩きっぱなしだったのでクタクタ。

もうひとつ写真。
hotoji_6.jpg
やはり、石灯篭は良いですね。こういう風景大好きです。
俺は石灯籠マニアかもしれない……。

ここを登った先に、七面大明神を祀る「七面堂」があります。
立命館高校と隣接してる場所にあるので、そこからグラウンドが見えました。高校はもう学校始まってるんですよね。


この後は東福寺に向かいます。



続き⇒東福寺の龍吟庵を拝観してきた

テーマ : 京都・奈良 - ジャンル : 旅行

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

伏見稲荷大社を参拝してきた Part2

2009.09.23 19:37  旅行・キャンプ・聖地巡礼

ちょっとブログ放置しててすみません。

内容は前回の続き
参照⇒伏見稲荷大社を参拝してきた Part1




稲荷山の「四ツ辻」からは、左回りに参拝しました。
後から気づいたんですが、本当は右回りで参拝するのが正しい順路らしい……。といっても、実際左回りの人も結構いましたが。
inari_11.jpginari_12.jpg
写真は「三ノ峯」だったと思います。祠のようなものが多数ありました。
この先にある「二ノ峯」や「一ノ峯」も、こんな感じになってます。


いくつか鳥居の画像でも
inari_13.jpginari_14.jpg
石段と鳥居の組み合わせって、すごくマッチすると思うんです。


同じく、鳥居と石段の画像。
inari_15.jpginari_16.jpg
よく覚えてないんですが、この写真もしかしたら同じ個所を撮っているかも。
どちらにせよ、時間や場所によって明るいところや暗いところがありそうです。木漏れ日はキレイでしたね。よく晴れていたのもあって、鳥居の中の涼しさが心地よかったです。


そういえば、この「四ノ辻」周りの自動販売機は高かったですよ。缶ジュースは200円。500mlのペットボトルでも250円という高さ。
軽く山登りになるんで、値段は妥当かも。ドリンクは麓で買ってください。


「一ノ峯」を過ぎた後の鳥居。
inari_17.jpginari_18.jpg
左の写真が結構気に入ってます。
この角度から見た鳥居が良かったなぁ。左右に石灯篭があり、鳥居が木漏れ日に照らされ、他の道より解放感があり、そして涼しい。良かったです。


そのまま下っていくと、小さな滝がありました。
inari_19.jpg
「薬力の滝」というらしい。無病息災を祈願する社ですね。


その先へ進むと、狐の顔をした絵馬が目に入ってきました。
inari_20.jpg
形が狐の顔。珍しいですよね。
自由に目や口を描けるらしく、どれもユニークで面白かったです。微笑ましい。ちなみに、祈願は顔の裏に書かれています。


近くには、「眼力社」がありました。
inari_21.jpg
写真は横にあった狐の手水。
眼力社には、「眼の病が良くなる」「先見の明・眼力が授かる」というご利益があるそうです。近くの案内には「視力回復」というのもあったので、自分もお参りしてきました。ご利益あるといいな。



これでお山めぐりは終了です。
麓まで降りると、約4kmの道のりでした。長かったなぁ。けど、時間も忘れるくらい良い場所でしたよ。


この後は、宝塔寺と東福寺に向かいます。



続き⇒宝塔寺(七面山)を見てきた

テーマ : 京都・奈良 - ジャンル : 旅行

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

伏見稲荷大社を参拝してきた Part1

2009.09.20 03:18  旅行・キャンプ・聖地巡礼

9月16日に行ってきた伏見稲荷大社についてレポートします。参加者は俺含め6人。
今回は純粋な好奇心で参拝しに行きました。あの有名な千本鳥居や、山の上まで続く鳥居を生で見たい、というもの。家から伏見区までも遠くないんでね。


----****----


京都駅から奈良線に乗り換え、稲荷という駅まで約5分。
fushimiinari090916.jpg(キョリ測より引用)
駅を降りてすぐの場所にあります。
地図は実際に歩いた道。約4kmといったところ。この稲荷山を回る「お山めぐり」をしました。


現地には、朝の10時ごろに到着。
これが最初目に入ってくる鳥居です。
inari_1.jpg
立派ですね。この奥に楼門とご本殿があります。どちらも朱色で大きく見栄えがありましたよ。
月日は9月の中旬なので、修学旅行生も何人か見ました。制服から察するに、3校くらいは来てたのかな。


そのまま奥に進むと、赤い鳥居のトンネルが見えてきました。
inari_2.jpg
この辺りから、約1万基ほどある鳥居の道が始まります。何かワクワクしますね。
余談ですが、ここで女性二人組に写真の撮影をお願いされました。大学生かな?


そして、ついに見えてきました。
inari_3.jpg
これが有名な千本鳥居です。本当に千本あるかは数えませんでしたw
それにしても、かなりの密集度ですね。光が少ししか差し込みません。そのせいか、中は少しヒンヤリしてましたよ。時間帯によっては暗いのかも。

鳥居の中は、本当に神秘的でした。何ともいえない不思議な気分。圧倒されますよ。
出口は同じなんですが、狐につままれると別の場所に抜けるんじゃないか……なんて思ってみたり。……あれですよ、「となりのトトロ」みたいな感じに。


まぁそんなことは起こらず、奥社奉拝所という場所に到着。
inari_4.jpg
ここには「おもかる石」がありました。
灯篭の前で願い事をした後に空輪という石を持ち上げ、それが自分の予想より軽ければ願い事が叶い、重ければ叶いにくいという試し石です。

自分も試したんですが……重かったですw うん、重かった。何を願ったかは秘密。
……重かったなぁ~。人生甘くありません。


さて、まだまだお山めぐりは始まったばかりです。
inari_5.jpg
時間や場所によっては暗い道もあるみたいです。けど、ヒンヤリして気持ちいい。
今更ですが、この稲荷大社には狛犬がいないんですよね。代わりに狐さんが出迎えてくれます。口にくわえているモノも違いました。


山を登って行く途中に、こんな小さい鳥居も見つけました。
inari_6.jpginari_7.jpg
上には猫が気持ちよさそうに寝てました。可愛いので撮影。これは和む。
この後も何度かネコと遭遇したんですが、いずれも人懐っこいやつが多いです。


まだ登っていきます。
inari_8.jpg
今更ですが、これらの鳥居は信仰で奉納されたのがほとんどらしいです。
この場所どこか忘れましたが、これまでに結構な数の鳥居を見てきました。ちゃんと裏側には奉納した人や企業名が載ってるんですよ。これはすごい。


そんなこんなで、四ツ辻という場所に到着。
inari_10.jpginari_9.jpg
ベンチや店が少しあり、ちょっと休憩できるスペースになってました。ここに来るまでにも何件かあったけどね。

右の写真は、何とも涼しくノスタルジックな気分にさせてくれたので撮影。
左の写真は、伏見稲荷大社から西側を見ています。京都駅の南側にある京都市内が一望できます。こんなところまで登ってきました。



続き⇒伏見稲荷大社を参拝してきた Part2

テーマ : 京都・奈良 - ジャンル : 旅行

| コメント(6) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

京都駅から四条河原町までの最短ルートは……

2009.09.05 23:51  旅行・キャンプ・聖地巡礼

最近、京都の四条河原町まで歩いていくことが多いです。
ICOCAで京都駅は乗り降り自由なので、そこから徒歩で寺町あたりまで。……生まれも育ちも京都だけど、地理はサッパリなんでねw 歩いて行くから金は浮くし、体力は付くし、京都の地理にも詳しいくなるッ! まさに一石三鳥というわけです。



で、いくつかルートが見えてきたので紹介します。地図の画像はキョリ測様のものを使ってます。
地図の出発地点は京都駅で、到着地点はLoftやメロンブックスがある辺り。

まず1つ目。
kyoto_sijokawaramachi1.jpg
歩いて行き始めたころのルートです。
烏丸通をずーっと上まで2kmほど歩き、四条通で右折します。

このルートは精神的にキツいですね。東本願寺あたりは景色も良いんですが、五条通を過ぎたころから風景が単調になって面白くない。同じ道をずっと歩いてる感じ。ビルばっか。
早歩きのペースで40分程度でした。後の2、3と比べると、途中で飽きてスピードダウンしたのかも。



次に2つ目。
kyoto_shijokawaramachi2.jpg
その後、地図を見て発見したのがこれ。
七条通を右折し、先に河原町通へ出るルート。後は道沿いに歩くだけ。寺町通りを隅から隅まで歩けるお得コースw

河原町通が斜めに伸びているのがポイントですね。当然斜めに進むので、距離が少し短くなります。1つ目のコースと比べると飽きない。曲がるたびに景色が少し変わります。
ちなみに、寺町通りの入り口は「パソコン工房」が目印です。四条までの寺町通は、パソコンやゲーム関係の店が多いのが印象的。楽しい。

こちらは早歩きのペースで30分くらい。



最後に3つ目。
kyoto_shijokawaramachi3.jpg
これは友人が「五条で曲がって帰ってみよう」と言ったのがキッカケ。前方を歩く家族連れ?を追跡して発見しました。抜け道のようなルート。
写真では見にくいですが、本覚寺や新善光寺の裏にある富小路通という道を通ります。

これは何でしょうね。1と2の中間的なコース。抜け道を歩いてるワクワク感が味わえます。多分。
近道だと思ったけど、距離は2とあまり変わらないんですよねw 渉成園の裏をもうちょっと上手く通ればショートカットできるかもしれません。

ちなみに、早歩きのペースで30分程度。



まぁ普通に地下鉄や阪急を使えばいいと思うよッ!



----****----



どうでもいいけど、京都タワー。
kyoto_tower.jpg
東本願寺の入り口がある向かいの歩道で撮影しました。たまたま東本願寺を撮っている人と、京都タワーを撮っている人がいたのでw 中には外国人もいたような。

東本願寺も京都タワーも入ったことないなぁ~。よく見る割にはね。



----****----



更にどうでもいいけど、昨日寺町で買ったショルダーバッグ。
newbagmyself.jpg
A4サイズのファイルを入れられる鞄が欲しかったんですよね。GRAND STONEのショルダーバッグ。なかなか良い感じ。

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

| コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

京都の風物詩「五山の送り火」を見てきた

2009.08.16 23:35  旅行・キャンプ・聖地巡礼

【09/08/17】送り火の名前を修正。
→事前にしっかり調べておかないと恥をかきますね……



今日は友達と「五山の送り火」を見てきました。男2人でね。


阪急の河原町に集合したんですが、そこから賀茂大橋まで歩いて行きました。……分かる人には分かるけど、かなりバカなことしてます。なぜ電車で今出川まで行かなかったのか今でもよく分からない。
地図で表すとこんな感じ。
09okuribi10km.jpg
1時間で約3km。最終的に10kmですよ。もう救いようがないですね。若さが俺たちの脚を動かしてました。

まぁいいじゃない。19歳の夏だから~



----****----



賀茂大橋は人でごった返してました。人大杉。過去に経験してたんですが、やはり人気スポットらしいです。

そしてこれが大文字の様子。携帯のカメラなので荒いですが…
09hidaridaimonji_chika.jpg
20時丁度に浮かび上がった「大文字」です。地図にも山の場所をマークしておきました。
最初、普通に友達に間違えて教えてしまいましたorz もう京都人失格だわ。


少しズームアウトして撮った写真。
09hidaridaimonji_to.jpg
写真ではチャチですが、生の大文字ははっきり見えました。燃えている点がくっきりと分かるんですよ。大文字だけなら、賀茂大橋は絶好の場所です。

一応この場所から「舟形」が少し見えました。木が邪魔で部分的にしか見えませんが。




その後、「妙法」を見ようと北に移動しました。下鴨神社の方ですね。ここまで来ると本当に河原町から来たのか分からなくなりますw
川を上れば良かったのにね。妙に遠回りしてしまいました。

結局見られたのは「妙」か「法」の右下あたり。この頃には北大路にいましたよ。
やはり、前もってスポットを確認するべきでした。無計画 & 粘り強さ(笑)でこんな有様になりましたからね。でも楽しかったので個人的には満足です。良い運動にもなったし。



そんな大文字の送り火でした。
嵐山の灯篭流しにも行ってみたいな。

テーマ : 大学生日記 - ジャンル : 日記

| コメント(4) | トラックバック(1) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

【長野キャンプ4日目】 諏訪大社下社「秋宮」を参拝 【風神録聖地巡礼】

2008.09.24 03:08  旅行・キャンプ・聖地巡礼

長野旅行の続きです。これが最終章なんだぜ
前回⇒【長野キャンプ4日目】 万治の石仏を見てきた
まとめページ⇒長野キャンプ&諏訪大社参拝レポートまとめページ



さて、「万治の石仏」を見た後はいよいよ「秋宮」です。
「春宮」から東へ道なりに歩くと到着。約15分くらいかな。

こちらが鳥居です。
nagano4_akimiya_torii.jpg
おお、立派だ。ちゃんと右の看板に「下社秋宮」と書かれています。上社の本宮並にすごい。
この辺りは人が多かったです。近くに駐車場があるし、他にもオルゴール館や時計博物館がありました。観光スポットらしいよ。


早速、手を清めて中に入ります。


最初に見えて来るのは大きな杉。
nagano4_akimiya_neirinosugi.jpg
「根入りの杉」というものです。
この杉は丑三つ時に寝入り、子供に木の小枝を煎じて飲ませると、夜泣きが止まるらしい・・・・。すげぇ。ちょっと貰ってもいいのかな? いらないけどw


そして、ついにやってきました。


これが「秋宮」の神楽殿です。
nagano4_akimiya_kaguraden.jpgth10_sugienmusubi.jpg
どーん!
やばい。すごすぎる。このしめ縄が一番デカいよ。「春宮」にも神楽殿はあったけど、ここまで太くはなかった。近づいて見たけど、軽く直径50cmは超えてると思う。たぶん。

横に風神録EX道中のスクショ貼ったけど・・・・これ、背景が一緒なんですよ。6面も含めて、神奈子の背後に見える建物は「秋宮」の神楽殿なんだそうです。確かに照らし合わせると同じ・・・・です。もうちょっと接近するべきだったかなw


毎度おなじみ、御柱もあります。
nagano4_akimiya_onbashira.jpg
写真これしかなかったw 見上げて撮るべきだったね。
やはり諏訪大社に立ってる御柱は太いです。


あと、秋宮にはこんなものが
nagano4_akimiya_sazareishi.jpg
これは「さざれ石」。ほら、国家に出てくるアレですよ。説明書きによると、何千年、何万年とかけて作られるらしい。
これがさざれ石・・・・・。初めて見たよ。


で、こちらが本殿です。
nagano4_akimiya_honden.jpg
パッと見た感じ、ほとんど「春宮」と変わりません。でも微妙に違うんだなぁ・・・。
こちらも彫刻が芸術的で・・・ふつくしい。


そしてお参りとお賽銭です。
これで諏訪大社+手長神社+洩矢神社+藤島神社を全部参拝したことになります。いよいよ・・・この旅も終りか・・・。


「秋宮」を見た後は、すぐ近くの展望台に行きました。
nagano4_akimiya_suwashiview.jpg
ここからの景色がまた美しい。
遠くに見えるのは諏訪湖です。ちょうど南を向いてるのかな。出来るなら、湖近くまで行ってみたかったです。



これで長野の旅はおしまい。キャンプは色々大変だったけど、長いようで短い4日間でした。9月9日~12日は天気にも恵まれ、スケジュール通りに進めることが出来ました。ケガ人も出なかったしね。
この後は下諏訪駅まで戻り、高速バスに乗って帰ります。約5時間の旅。しかし、家に着くまでが旅行なのですw

この記事も長かったなぁ。



まとめページ⇒長野キャンプ&諏訪大社参拝レポートまとめページ

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

| コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

【長野キャンプ4日目】 万治の石仏を見てきた

2008.09.23 23:36  旅行・キャンプ・聖地巡礼

長野旅行の続きです
前回⇒【長野キャンプ4日目】 諏訪大社下社「春宮」を参拝 【風神録聖地巡礼】
まとめページ⇒長野キャンプ&諏訪大社参拝レポートまとめページ



「春宮」の後は「秋宮」に向かうんですが、ここで少し寄り道をします。
この春宮から西の方に数分歩くと、「万治の石仏」なるものがあるらしいのです。

とりあえず向かうことに・・・

本当に歩いて数分。「春宮」と隣り合わせと言っても過言ではない。
nagano4_haruaki_banjiishi.jpgnagano4_haruaki_banjihata.jpg
石の看板や、「みのもんたの朝ズバッ!」で紹介されたという旗がありました。
なかなか宣伝してますね。岡本太郎って太陽の塔を設計した人らしいんだけど・・・・何でここに名前が入ってるんだろ。

途中、川が流れてたので撮影。
nagano4_haruaki_kawa.jpg
こういう景色いいなぁ。写真では伝えにくい清々しさがあります。
川っていいね。


そして、俺は「万治の石仏」を目の当たりにする・・・・


あったッ!
nagano4_haruaki_banji2.jpg
.......!!!


な、何かいる。


正面からの図
nagano4_haruaki_banji1.jpg
これは・・・・・・・思わず「こっちみんなw」と言いたくなるw
何というか、もの凄いユーモア溢れる石仏だわ。クォリティ高い。ってか、センスありすぎるよ。何でこんなものがwww

とりあえず横に説明があったので、読んで理解はした。簡単に書くと、

春宮の大鳥居を造る時、この石にノミを入れたら血が流れ出た。その夜、神のお告げを聞き、言われた場所にて良材を見つけることが出来、鳥居は完成したのだとか。それ以来、阿弥陀如来をまつって記念とした。

 たぶん合ってる。石から血が出るって少しホラーだなw



そんな感じで、春宮の周辺散策は終了。
ここから「秋宮」をめざします。



ついでなんで、途中で通った道をうp
nagano4_haruaki_michi1.jpgnagano4_haruaki_michi2.jpg
こういう道ってさ、何かアニメで出てきそうじゃない?
俺はこれを見て真っ先にそう思ったw 何だろう・・・こう上手く説明できないけど、高低差の激しい道というか、S字カーブというか・・・・分かる人は感覚でとらえてほしいww

ちなみに、左の写真は、右の写真の左下のところです。下から見上げる感じ。

こういう道・・・・すごく・・・・好きです。毎日キツそうだけど、通学とかで通りたい!



そんなこと思いながら、「秋宮」を目指します。



次⇒【長野キャンプ4日目】 諏訪大社下社「秋宮」を参拝 【風神録聖地巡礼】
まとめページ⇒長野キャンプ&諏訪大社参拝レポートまとめページ

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

【長野キャンプ4日目】 諏訪大社下社「春宮」を参拝 【風神録聖地巡礼】

2008.09.23 02:09  旅行・キャンプ・聖地巡礼

長野旅行の続き
前回のやつ⇒【長野キャンプ3日目】 洩矢神社と藤島神社を参拝 【風神録聖地巡礼】
まとめページ⇒長野キャンプ&諏訪大社参拝レポートまとめページ



【長野キャンプ旅行4日目】
3日目は洩矢神社と藤島神社を参拝して終了。間違いなく5キロは歩いたよッ!


というわけで、ついに長野旅行も4日目に突入。
この日は9時過ぎにキャンプ場をチェックアウトし、7人全員で行動します。

次の目的地は、諏訪大社の下社「春宮」

バスで茅野まで向かい、「茅野駅」⇒「下諏訪駅」に移動します。
ここから北に約15分ほど歩きます。思ったより長かったかな。


そして到着。
nagano4_harumiya_torii.jpg
この鳥居の前も車が走ってます。
「春宮」と書かれた看板はなかったけど・・・・春宮です。

横にある水で手を清め、いざ諏訪大社下社春宮へッ!

最初に目に飛び込んでくるのはコレ
nagano4_harumiya_kaguraden.jpg
「神楽殿」と呼ばれるものです。
1680年に造られたもので、神楽を奉納するための建物。そのままですw
しめ縄がすごく太い・・・。こんなの生まれて初めて見たよ。立派でした。


この神楽殿の横にはこんなものが
nagano4_harumiya_enmusubitree.jpgnagano4_harumiya_enmusubiboad.jpg
「結びの杉」です。根元が1つで、先で2又に分かれてるから、「縁結びの杉」ですね。
確かに真中でキレイに分かれてました。何となく、2つの幹が仲良さそうに見えます。これって何が起きたら2又になるのかな? やっぱり神様の力かな。

この杉は風神録EXの元ネタにもなっていて
th10_sugienmusubi.jpg
道中の神奈子様のスペカ、神符「杉で結ぶ古き縁」で表現されてます。
これスゴい再限度だよ。根元が1つなのに、2手に分かれて自機を狙う。・・・・後でかなり凝ってることに気づいて驚きましたw


この春宮にも御柱はあります。
nagano4_harumiya_onbashira.jpg
これ何番目だっけ・・・・・・・忘れた。
この日は境内で工事してたんで、神楽殿より左側に入れませんでした。2番目の写真見てもらったら分かると思うけど・・・・ちょっと残念。この写真のすぐ横に筒粥殿があるんです。近づいて見たかったなぁ。


本殿は神楽殿の裏側にありました。
nagano4_harumiya_honden.jpg
本殿で合ってるよね・・・? 違ったら教えて下さいな。

この木に施された彫刻がすばらしい。諏訪大社の中では一番キレイだったかも。まさに芸術です。美しい。
あと、ここにも鏡がありました。鏡についての説明ってどこ見たら分かるんだろう・・・。


諏訪大社下社「春宮」はこんな感じ。
この次は「秋宮」に向かうまでの道のりをレポートしようかな。



次⇒【長野キャンプ4日目】 万治の石仏を見てきた
まとめページ⇒長野キャンプ&諏訪大社参拝レポートまとめページ

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

【長野キャンプ3日目】 洩矢神社と藤島神社を参拝 【風神録聖地巡礼】

2008.09.22 03:06  旅行・キャンプ・聖地巡礼

長野旅行の続き
前回のやつ⇒【長野キャンプ3日目】 手長神社を参拝しに上諏訪へ 【風神録聖地巡礼】
まとめページ⇒長野キャンプ&諏訪大社参拝レポートまとめページ



手長神社を参拝した後は、「上諏訪駅」⇒「岡谷駅」に移動します。時刻は約2時。一番暑い時間帯ですね。長野とはいえ、夏は30℃まで気温が上がります。
kamisuwa_190.jpg
そして10分ほど電車に揺られて到着。
ここからは徒歩で「洩矢神社」「藤島神社」を目指します。


じゃあさっそく鳥居の画像をどうぞ
nagano3_moriya_torii.jpg
これが「洩矢神社」
岡谷駅から徒歩15分くらいの場所にあります。後で分かるんですが、藤島神社と比べてかなり立派です。やっぱり土着神。さすがケロちゃん。信仰の高さが違いますねw

毎度同じこと言うんですが、境内の中は木々に囲まれて涼しいです。もう別世界だよ。

そして、ついに本殿が目の前に現れます。
nagano3_moriya_honden.jpg
もう本当に立派です。
思わず鳥肌が立ちました。感動です。何かこう・・・・神聖な感じがしてね。本当に「洩矢神社」はあるんだ、って漠然と感じたのを覚えてます。必死に歩いて来た甲斐がありました。

\ケロちゃん会いたかったよッ!/
※心の中の声です※

そして賽銭とお参り。何となく清々しかったです。

ここにも御柱はありました。
nagano3_moriya_onbashira.jpg
写真は「洩矢神社二之御柱」です。しっかり4本ありました。

あとね、写真みて分かると思うんだけど、この場所なぜか「ゲートボール」のコースになってるんですよ。これはマジで驚いた。この日も普通におばちゃん達がプレイしてました。
・・・・・これって神社的にどうなんだろうね? 「洩矢神」に失礼じゃないのかな。

「洩矢神社」はこんな感じ。


----****----


次は「藤島神社」を目指します。
こっちはグーグルマップに載ってないんですw なので、写真を頼りに探します・・・
nagano3_moriyafujishima_rikkyou.jpg
これは「洩矢神社」の近くにある陸橋から撮った写真。
目的地の「藤島神社」は、左真中にある会社の裏側にあります。岡谷街道の脇ですね。

これは向かう途中で撮影。
nagano3_tenryuriver.jpg
「洩矢神」と「建御名方神」が戦ったとされる「天竜川」です。

この辺で体力の限界を感じ始める・・・・。朝から歩きっぱなしだからね。

そして・・・・ついに到着。
言ったら失礼ですが、想像以上に小さくて最初気付きませんでした。
nagano3_fujishima_torii.jpgnagano3_fujishima_honden.jpg
こちらが「藤島神社」
道路の拡張工事によって小さくなってしまったそうです・・・・。戦いに勝ったのにこの扱いは酷い。小さな御柱は一応立ってるんだけどね・・・。

とりあえず賽銭と参拝。

サーセン箱はなかったけど、銭は結構置かれてました。同じように、参拝しに来た人がいるんだろうな。本当に見つけるの大変でしたからw


上の写真にある棒には、「洩矢神」と「建御名方神」の戦いの様子が書かれていました。
nagano3_fujishima_suwataisen.jpg
こっちはクリック拡大推奨。他のより大きいです。車はボヤけてるし大丈夫だよね?
「諏訪明神入諏伝説」として記されています。これ見ると、最後に書く補足説明いらないかも・・・・。

とりあえず、確かに「藤島神社」はありましたね。ホント必死に探した甲斐があったw
キャンプ3日目の参拝はここまで。続きは4日目です。






※補足1※
必要ないと思うけど、ここで洩矢神社と藤島神社の紹介をしておきます。

【↓↓↓ここから神社の説明↓↓↓】

この2つの神社は洩矢神建御名方神(たけみなかたのかみ)が戦った跡地です。洩矢神は諏訪の土着神。対する建御名方神は外から諏訪にやって来た神。

天竜川を挟み、南側に洩矢神、北側に建御名方神が陣を置きました。洩矢神は鉄の輪を、建御名方神は藤の蔓を使って闘ったとされています。
しかし、洩矢神の鉄の輪は建御名方神の藤の蔓でサビてしまい、負けてしまいます。要するに、今の諏訪大社には建御名方神がいる事になります。

【↑↑↑ここまで神社の説明↑↑↑】

分かりやすくしたつもりが・・・・逆にややこしいですね。すみません。参照元はWikipedia。何か間違ってたら教えて下さい。素人が調べた情報なんで、少し自信がないですorz
説明って難しいな…。



※補足2※
もう少し補足として説明を・・・。
見たら分かりますが、東方風神録に当てはめるとこうなります。

「洩矢神」≒洩矢諏訪子、「建御名方神」≒八坂神奈子

こう書くと分かりやすいですねw
調べて分かったんですが、「建御名方神」の妻は「八坂刀売命(やさかとめのみこと)」なんだそうです。

神奈子様がやってきたのをケロちゃんが阻止しようと対抗。神奈子様は藤の蔓を、ケロちゃんは鉄の輪を使って闘います。しかし、ケロちゃんの鉄の輪は神奈子様の藤の蔓でサビてボロボロになり、負けてしまう。
これはEXの弾幕 「諏訪大戦 ~ 土着神話 vs 中央神話」を見たら分かりますね。 鉄の輪がサビて赤くなる様子まで再現されてます。かなり凝ってる弾幕ですね。すごい。


説明はこれくらいで。
これ書くのに2時間くらいかかってしまったw




次⇒【長野キャンプ4日目】 諏訪大社下社「春宮」を参拝 【風神録聖地巡礼】
まとめページ⇒長野キャンプ&諏訪大社参拝レポートまとめページ

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

【長野キャンプ3日目】 手長神社を参拝しに上諏訪へ 【風神録聖地巡礼】

2008.09.20 23:08  旅行・キャンプ・聖地巡礼

長野旅行の続き
前回のやつ⇒【長野キャンプ3日目】 諏訪大社上社本宮を参拝 【風神録聖地巡礼】
まとめページ⇒長野キャンプ&諏訪大社参拝レポートまとめページ



諏訪大社上社本宮の後は、バスで上諏訪駅まで向かいます。
本宮って茅野駅からも上諏訪駅からも遠い微妙な場所にあるんですよ・・・。これでバスを逃したらオワルw 俺は最後まで「計画通り!」でありたいからw

そんな訳で、現地の「かりんちゃんバス」を利用します。
すわっこランド・上社有賀線で、「諏訪市博物館」⇒「上諏訪駅諏訪湖口」。ちなみに11時52分発。この辺りは入念に調べたんだZE


そして到着。駅前で昼食のそばを食べました。
上諏訪駅にはベンチが少しあるんですが、これが面白いんですよ。

すわっていいよ

ってベンチの足に書かれてるんです。「諏訪っていいよ」「座っていいよ」を掛けてるんですね。分かります。ってか、説明しなくても分かるよねw


そんな小さな発見をしながら目的地へ向かいます。


その場所は、上諏訪駅から徒歩5分くらいの所にあります。
nagano3_tenaga_torii2.jpg
サムネじゃ分からないかな。
ここは「手長神社」。行くまでの坂道がちょっとキツかったw

ちゃんと横に名前の刻まれた石がありました。
nagano3_tenaga_ishi.jpg
はい、手長神社です。
風神録EXのケロちゃんの弾幕、土着神「手長足長さま」の元ネタですね。

9月の平日もあってか、神社には誰もいませんでした。途中で事務の人がやってきたくらい。「君たち参拝客?」って聞かれましたw 確かに大学生3人が昼時に神社ってのは不思議かもね。


こちらが本殿です。
nagano3_tenaga_yashironaname.jpgnagano3_tenaga_yashiro.jpg
なかなか立派ですね。
左の写真は本殿の左側です。横に長いから「手長」じゃないんだけど、気になったので撮影。あの赤いやつで同じ場所ってのが分かるはず。

やはり境内は木々に囲まれていて涼しかったです。夏は神社でゆっくり過ごすの悪くない・・・。
そして賽銭とお参りをしました。二拝二拍手一礼もサマになってきたかも。


諏訪大社じゃないけど、御柱もありました。
nagano3_tenaga_onbashira.jpg
流石に諏訪大社のやつよりか小さかったです。

ブログには書いてないけど、この地方の行く先々にはたくさんの神社がありました。大小さまざまだけど、そのどれにも御柱は立ってるんですよ。それはもう必ずと言って良いほど。信仰の現れなんだろうけど、統一感があって純粋にすごいと思いました。


あと、境内の中にこんなのがあったw
nagano3_tenaga_zayaku.jpg
友達が真っ先に反応してましたww
本殿の左にあったんだけど・・・・これは・・・・もしや・・・・・座薬? そんな考えが脳裏をよぎるw

いや、落ち着け。真剣に何か分からない・・・。

もしかして・・・・御柱をイメージしてる? それにしては小さいし・・・低いし・・・木じゃないし・・・。
う~ん、分からん。謎の座薬でしたw



手長神社はこんな感じ。
足長神社もあるんですが、ちょっと場所が遠いので今回は断念しました。


次に向かうのは・・・・洩矢神社!



次⇒【長野キャンプ3日目】 洩矢神社と藤島神社を参拝 【風神録聖地巡礼】
まとめページ⇒長野キャンプ&諏訪大社参拝レポートまとめページ

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

【長野キャンプ3日目】 諏訪大社上社本宮を参拝 【風神録聖地巡礼】

2008.09.19 23:55  旅行・キャンプ・聖地巡礼

長野旅行の続きです
前回のやつ⇒【長野キャンプ3日目】 守矢史料館と北斗神社・・・ 【風神録聖地巡礼】
まとめページ⇒長野キャンプ&諏訪大社参拝レポートまとめページ



北斗神社の200段(笑)を降りた後、5分ほど歩きます。
目指すは上社本宮! 守矢史料館で言ってた「御頭祭」を執り行う神社らしい。


そんなこと考えている内に、デカい看板が目に入ってきた。
nagano3_kamihon_boad.jpg
この看板は新しそう。
駐車場も完備されてましたね。この辺りは車が多かったです。


もう少し進むと神社が見えてきます。
これは入口にあった看板。
nagano3_kamihon_fuda.jpg
神社の入り口にありました。
こちらの看板は昔からあったように見えます。

日も高くなって暑いので、早速中に入ります。手を清めてからね。

まず目に飛び込んできたのは「本宮二之御柱」
nagano3_kamihon_hashira2.jpg
前宮側から入ってすぐのところ。やはり神社の中は木に囲まれてて涼しいです。
ここも御柱は4本あるんですが、3つ目と4つ目がどこにあるのか分からなかったorz 地図で見たら奥の方? それとも見落としたのかな。


そうそう、この本宮にはアレがあるんですよアレが


それはこれだぁ
nagano3_kamihon_medoteko.jpg
目処梃子(メドテコ)というもの。
何やら、神社に建てる御柱を山から下ろすときに使用するらしい。木落としって言うんだって。これは実際に「本宮一之御柱」を木落とししたメドテコなんだそうです。ジャキーンとしててカッコイイww

立派だなぁ。風神録では八坂神奈子が背中に背負ってるやつだよねw
奇祭「目処梃子乱舞」ってのはこれが元だと思う。


あと、こんなのも見つけました。
nagano3_kamihon_tenryusuisha.jpg
その名を天流水車という。

どんな晴天の日でも雫が三滴は屋根上の穴から降り落ちると云われ、諏訪七不思議の一つに数えられている
                      写真の看板から一部抜粋

どんな日でも3滴か・・・・それはすごい。不思議で仕方がないw
これは天流「お天水の奇跡」の元ネタですね。



風神録は関係ないけど、こんなのも発見しました。
nagano3_kamihon_no1taiko.jpg
詳しい説明は忘れたけど、日本で一番大きい太鼓らしいです。正月の時に叩くのだとか。
写真じゃ伝わりにくいけど、あれは確かにデカかった。


最後に再選とお参りしてきました。これは礼儀だよね。
ここも二拝二拍一拝とか思ってたら・・・・
nagano3_kamihon_2h2h1h.jpg
しっかり賽銭箱の横に拝礼作法がありましたw これにはちょっと驚き。
こちらにも鏡がありますね。ちょっと見にくいけど・・・・。前宮でも見たけど、あれは何を意味してるのか気になる・・・・・。


本宮はこんな感じでした。


次はバスに乗るため、来た所とは別の場所から出ます。
nagano3_kamihon_torii.jpg
こっちが本当の入り口・・・かな?
誰も写ってないけど、本宮は人が多かったです。この時間帯、おじいちゃんおばあちゃんの旅行組と遭遇したんですよ。もうホント人いっぱい。後で下社も回るけど、ここが一番人が多かったです。
それもそのはず。ここ御土産屋があるから多いんだ・・・・・なるほど。

まぁいいですw

この後は手長神社へ向かいます。



次⇒【長野キャンプ3日目】 手長神社を参拝しに上諏訪へ 【風神録聖地巡礼】
まとめページ⇒長野キャンプ&諏訪大社参拝レポートまとめページ

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

【長野キャンプ3日目】 守矢史料館と北斗神社 【風神録聖地巡礼】

2008.09.16 23:55  旅行・キャンプ・聖地巡礼

長野旅行の続き
前回のやつ⇒【長野キャンプ3日目】 諏訪大社上社前宮本殿を参拝 【風神録聖地巡礼】
まとめページ⇒長野キャンプ&諏訪大社参拝レポートまとめページ



さて、前回は上社前宮を参拝しました。
その次に向かうのは本宮です。前宮の場所から北西に1キロくらい歩いた場所にあるんですが・・・・・。

今回はその道のりにあった建物ついてレポートします。
まぁ目当ての場所もあるんですけどねw


早速見えてきました。
nagano3_shiryou_boad.jpgnagano3_shiryou_name.jpg
神長官 守矢史料館です。
大人の入館料は100円。時間は9時~16時半。毎週月曜日が休館です。
その名の通り、諏訪大社に纏わる史料が展示されています。聞いた話によると、現当主の守矢早苗さんが本当に住んでるらしい・・・・。

というか、館長さんが早苗さんだったw
優しそうな人でしたよ。他の人には分からないけど、高校時代の数学の先生に雰囲気が似てたんですww 少しおっとりしてるというか何というか・・・。


中に展示されているものの一部
参照⇒少しグロ注意
これは御頭祭(オントウサイ)についての展示。”神と人との饗宴”というらしい。禁祀になってるそうです。
鹿の頭か・・・・やはりグロいのはダメですorz


外に出て撮った守矢史料館
nagano3_shiryou_gaiken.jpg
この角度の写真はニコニコでも見た気がする・・・・。ちなみに右側から入ります。

立ってる場所の左には社がありました。
nagano3_shiryou_mishaguji.jpg
何とこれ、「ミシャグジ様」を祭ってるのだとかッ!
いやはや、こんなところにミシャグジ神がおられるとは思わなかったw

守矢史料館はこんな感じ。
この史料館は、前宮と本宮のちょうど間にあります。



この後、メインの本宮を目指します・・・
時間は10時前くらい。段々と太陽の日差しがギラギラ照りつける時間帯に・・・。空には雲ひとつなく、文句の付けどころがないほどの快晴でした。

が、しかし、

俺達3人はとんでもないものを見つけてしまったのだッ!


これを見てくれ。
nagano3_hokuto_kaidan.jpg
なん・・・・だと!?

意味が分からないw
左の路肩を歩いてたら目に入ってしまった。車で走ってたら多分気付かないような隙間。俺自身、突然そこに階段が表れて驚いたんだ・・・・。

・・・ゴクリ

大学生男3人。もう登るしかねぇだろjk
ということで登りましたw 後に来る悪魔も知らずに・・・・


これね、最初は結構行けるんですよ。スイスイね。
しかし、半分も登らないところで思わず立ち止まってしまうorz もうそれくらい急な階段でした。あれ何回立ち止ったっけ・・・4~5回くらい? とりあえず運動不足の体にはこたえましたw

そして頂上に到着。
nagano3_hokuto_yashiro.jpg
そこには社?があった。
名前は北斗神社。・・・・何の神様だろう。長い階段あるからスポーツ系?
とりあえず数分休憩しました。これノンストップで登れる奴いたら正直にすごいと思う。

どうせだから、ここから町を撮ってみた。
nagano3_hokuto_keshiki.jpg
見て驚いたけど、これ結構高いZE

どうでもいいけど、友達が言うには200段あったそうです。それも丁度200段。嘘か真か知りたい人は是非北斗神社へおいでませ。



・・・・・疲れたOTL
まだ・・・無駄な体力を使ってしまったのぅ。
このレポート全部終わるのはいつになるのかなw



次⇒【長野キャンプ3日目】 諏訪大社上社本宮を参拝 【風神録聖地巡礼】
まとめページ⇒長野キャンプ&諏訪大社参拝レポートまとめページ

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

| コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

【長野キャンプ3日目】 諏訪大社上社前宮本殿を参拝 【風神録聖地巡礼】

2008.09.15 23:26  旅行・キャンプ・聖地巡礼

長野旅行の続きです。
前回のやつ⇒【長野キャンプ2日目】 渓流釣りと大滝
まとめページ⇒長野キャンプ&諏訪大社参拝レポートまとめページ



【長野キャンプ旅行3日目】
さて、ついにこの日がやってきました。諏訪大社参拝です!
諏訪大社は上社に「前宮」「本宮」、下社に「春宮」「秋宮」がある大きな神社です。詳しいことはWikipediaを参照してください。

その他にも色々回ったので、神社を1つずつレポートしていきます。
東方Projectを御存知の方は、風神録の元ネタとして知名度が高いのかな。


とりあえずレポートします。
3日目は自由行動だったので、友達3人と見に行きました。



最初に行くのは「諏訪大社上社前宮本殿」
この日の朝は7時50分に蓼科湖を出発。バスの来るのが遅いので、茅野駅までタクシーで移動しました。やはりタクシーは高い・・・・。
茅野駅からは、8時40分に出発する「上社・大熊行き」のバスに乗って「前宮前」というバス停まで移動。お値段220円。

そこで降りると・・・・早速見えてきました。
nagano3_maemiya_boad.jpg
かなり大きい看板。
ここを左に曲がると鳥居が目に入ってきます。

nagano3_maemiya_1torii.jpg
立派な鳥居ですね。
ちょっと奥の方に石像が立ってるんだけど、見えるかな? そこには「大社諏訪上社前宮」と書かれています。諏訪大社という順番じゃないのが少し気になるけどねぇ。

だんだんwktkしてきましたw

奥へ進むとまた鳥居が!
nagano3_maemiya_2torii.jpg
最初のよりも立派に見えます。そしてかなり大きい。

これで前宮なら他のはどんなデカいんだろう? そんなこと思いながら進みます。この日も暑かったんですが、神社は木々に囲まれててヒンヤリしてました。
やはり生の狛犬は迫力あるなぁ。

ここからさらに上へ昇ります。

そしたら・・・例のアレが見えてきました!
nagano3_maemiya_1onbashiraall.jpg
おおお、あれはッ

\オンバシラ!!!/

ありましたよ御柱が。というか、あまりにそのまんま過ぎて笑ってしまった。しかし、近づくとかなり見ごたえがあります。そして結構長いです。御柱祭ってこの木を山から下ろしてくる祭りなんだよね。そうだよね?

これは近くで撮った写真。
nagano3_maemiya_1onbashiraby.jpg
よく見たら「前宮一之御柱」と書かれています。
それもその筈。周りを見たら全部で4つありました。中央に社を置く形で4隅に立ってます。

こちらが本殿
nagano3_maemiya_yashiro.jpgnagano3_maemiya_kagami.jpg
なんて言うか、こう・・・昔から建ってるという雰囲気があって好きです。それも山の方にひっそりとね。
右は賽銭箱から奥を見たときの写真。神社の人が何かしてました。真中に見える鏡は何を意味してるのかな? 多分、八坂神奈子の胸についてる鏡の元だよね。

当然参拝もしました。二拝二拍手一拝で。

9月の平日ということで、人はかなり少なかったです。
後で気づくんですが、上社の本宮まで同じように参拝してる青年がいました。この前宮で会って、次の資料館で会って、そして本宮で会うという・・・・偶然が重なりますww


その社の近くにこんなものがありました。
nagano3_maemiya_suiga.jpgnagano3_maemiya_suigaboad.jpg
名水「水眼」の清流です。
横の説明には

 古くから”すいが”と呼ばれ、山中より湧出する清流は、前宮の神域を流れるお手洗川となり、昔からご神水として大切にされた。
                          名水「水眼」の清流の看板より


これでピンと来た人は勘がいい?
風神録EXTRAステージ道中、神奈子の神符「水眼の如き美しき源泉」の元ネタだそうです。確かに名前からみてもそれっぽい。それに形も弾幕に似てるよね。

水はかなり綺麗でした。自分は飲まなかったけど、友達が一杯口に含んでました。味はどうか聞いてないけど・・・・美味しかったのかな?


上社前宮はこんな感じ。

ここから守矢資料館に向かいます。



次⇒【長野キャンプ3日目】 守矢史料館と北斗神社・・・ 【風神録聖地巡礼】
まとめページ⇒長野キャンプ&諏訪大社参拝レポートまとめページ

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

【長野キャンプ2日目】 渓流釣りと大滝

2008.09.14 22:43  旅行・キャンプ・聖地巡礼

長野旅行の続きです
前回のやつ⇒【長野キャンプ1日目】 いざキャンプへ!蓼科湖周辺散策
まとめページ⇒長野キャンプ&諏訪大社参拝レポートまとめページ



【長野キャンプ旅行2日目】
さて、キャンプ2日目ですね。
この日の朝は特に寒かったッ! 夜中に何度も起きたからね。「パトラッシュ・・・僕もう眠いんだ・・」って流れにはならなかったw

というわけで、神の「イ㌔」というお告げを聞いて起床。
だがそれでも寒い。9月のくせに極寒以外の何物でもなかったな。

朝食は昨日のカレーです。
nagano2_curry.jpg
一晩寝かせて「こってり」具合がUP↑ まろやかさもUP↑ 旨みもUP↑
やはり旨かった。カレーは一晩寝かせてからが本番だ。

そういえば、友達が「茶がうめぇ、茶がうめぇ」って言ってたw


午前中は渓流釣りに行きました。
nagano2_keiryuduri.jpgnagano2_tombo.jpg
きれいな渓流でした。
右の写真はつりざおにトンボが止まってたので撮影。ここすげぇトンボいるよ。

まぁ結果は坊主w
1時間がんばったけど誰一人釣れませんでした。


-午前中やったこと終了-


昼過ぎはダラダラしてましたねw
駅前まで買い出しに行ったグループを2時間くらい待ってました。

蓼科湖のボートに鳥がいたので撮影。
nagano2_tateshinakamo.jpg
あれはカモだよね?
何匹が忘れたけど、結構いました。流石にずっと泳ぐのは大変なのかな。


その後、温泉に行きました。
ところがこの温泉・・・・やべぇんだw 何がやばいってシャワーがねぇんだよ。今まで温泉には何回か入ったけど・・・・・シャワーが付いてないのは初めてだった。
しかも、蛇口が「熱湯」「冷水」しか出ないw


まぁそれも良い経験だ。日本は広い。いろんな温泉があるのSA


その後は「大滝」を見に来ました。
nagano2_ootaki.jpgnagano2_wood.jpg
温泉のある場所から徒歩7分くらい。
かなり美しかったです。木々が鬱蒼と生い茂る道を進むと・・・そこには・・・・大滝がッ!
滝いいよ滝。
左の写真とか光の加減が絶妙だと思うんだけど、どうよ? ・・・こう、木と滝の組み合わせが美しい・・・・。



そして夕食の時間。
この日はパエリアでした。
nagano2_paeria.jpg
パエリアとか家で食べたことあったっけ・・・・・。でも美味しかったです。



そして夜・・・・この日は熱かった。ゲーム的な意味で。
カップ麺を人数分買ってたんですよ。たぶん腹が減るだろうからって。それも種類の違うやつを・・・・。
当然、欲しいものが被るわけで・・・・・・戦いは始まったw


闇のゲェ~ム


ルールは簡単。「UNO」で買ったものから順にカップラーメンを選ぶ。
ちなみに一番人気はシーフードヌードル。ちなみに俺もそれが欲しかった。夕食パエリアだったけどw

初めはそんな軽いノリだった・・・・しかし、それが段々エスカレートしてガチバトルになってたw そもそもルールを決める時点でかなり議論してたからね。30分くらいはWikipedia見たりしてました。こういう場合はどうなるんだ、これは地方ルールだ、とかね。

ゲームは30分にも及ぶ長い戦いでした。
結局俺は勝てなかったorz もらったのは普通のヌードル。醤油のやつです。まぁそれも好きだけどさ。やっぱりゲームに勝ちたかったな。

結論→「UNOは想像以上に奥深い」

「チャレンジ」というルールはみんな知らなかった。あれはまたやりたい。




2日目はそんな感じだった。



次⇒【長野キャンプ3日目】 諏訪大社上社前宮本殿を参拝 【風神録聖地巡礼】
まとめページ⇒長野キャンプ&諏訪大社参拝レポートまとめページ

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

【長野キャンプ1日目】 いざキャンプへ!蓼科湖周辺散策

2008.09.13 21:53  旅行・キャンプ・聖地巡礼

みなさんお久しぶりです。
今月の9日~12日まで長野県にキャンプしに行ってました。お目当ては「諏訪大社参拝」。この長野キャンプの計画も自分が発案してたりしてなかったり・・・・。そう、あれは遡ること3ヵ月前(ry

それはいいかw

キャンプというか旅行というか・・・。
参加者は俺を含めて7人。それぞれ役割を決めました。
とりあえず4日間の様子を自分なりにまとめます。



 【長野キャンプ旅行1日目】
当日の朝は3時30分に起床。自分は集合場所から一番遠いので、始発の電車で行きました。もちろん青春18切符でね。
ここから6時間にも及ぶ電車の旅です。

当然ながら、何度か乗り換えもしました。名古屋駅がやばかったねw ちょうど通勤ラッシュの時間帯で人イパーイ。
岐阜や長野の山の景色は美しかったよ。友達が窓からずっと川を追ってました。

そして目的の駅に到着。
nagano1_chinostation.jpgnagano1_onbashirafes.jpg
「茅野」という駅です。ここから北側に諏訪湖があるんだよね。
あと、「おんばしら祭り」という看板もありましたw 諏訪大社参拝は3日目だけど、おらワクワクしてきたぞ。

ここからバスで蓼科湖まで行きます。バスは1時間半に1本くらい。遅れたらやばいね。

nagano1_tateshinaboad.jpgnagano1_tateshinalake.jpg
これが蓼科湖。標高1000m位らしいです。
山だから寒いと思いきや、意外とそうでもなかったw 半袖でも少し暑いくらい。

そしてキャンプ場に到着です。
nagano1_camplace.jpg
バンガローはそんなに綺麗じゃない・・・言っちゃ悪いけどw
部屋の中をアリが歩いてるんだZE

というか俺達しかいなかったッ!!!

実はこれ、貸切なんだ・・・・・・・。(そんなことはないw
こんな時期にキャンプするバカは俺達しかいないw

荷物を置いた後は、蓼科湖周辺を散策しに行きました。
nagano1_hayashi.jpg
キャンプ裏の道。
車用の道もあるんだけど、この辺りは本当に木しかありません。でも小川や森は清々しかった。途中ちょっとだけ迷ったけどw
やはり山道は想像以上に疲れます。

9月でもやはり蚊はいるので、蚊取り線香をつけました。
nagnao1_katori.jpg
数人と頭を振りしぼって完成した線香台w 誰がどう見ても上出来だろww


そして夕食の時間。

この辺りから温度がグゥ~ンと下がるんですよマジで。
暖もとりたいし、お腹もすいたのでカレーを作ることに・・・。

しかし、ここまで順調だったのに問題が発生。何と炭がついてくれないorz 経験者もいたけど結構時間かかりました。この間も温度はどんどん下がる↓


まぁ色々あったけどカレーは完成しました。
nagano1_curryrice.jpg
寒い中のカレーは格別! じゃがいもが少し硬かった気がするけど、その料理は俺の五臓六腑を温めてくれたッ!
あれは旨い。


そして夜は就寝するだけ。明日も早いので軽くトランプして寝ました。

ところが・・・・このバンガローの布団だけでは眠ることはできない!
とてもじゃないけど寒すぎて体が震えるw Tシャツとジャージ来てるのに寒いってヤベェww ここまで寒いとは思ってなかったよ。
それにしてもあの布団は薄かった・・・。


特にこの日は寒かったらしいです。友達が言うには「⑨日だから氷の妖精が舞い降りたんだよ」だってさw 誰がうまいこと言えとww

とりあえず長野の山は寒かったです。地元は最低でも20℃はあるのに・・・・。
お前ら夜の山をナメんじゃねぇぞゴルァm9っ`Д´)



次⇒【長野キャンプ2日目】 渓流釣りと大滝
まとめページ⇒長野キャンプ&諏訪大社参拝レポートまとめページ

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

| コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

【旅行2日目】 金沢市にある兼六園に行ってきた

2008.08.21 23:17  旅行・キャンプ・聖地巡礼

旅行の続きです
前回⇒【旅行1日目】 白山スーパー林道からの景色

ここからは2日目ですね。



白山スーパー林道を後にし、1日目は金沢市にあるホテルに泊まりました。浴衣とか何年ぶりだろう。温泉も久しぶりだったな。

まぁそれはいい

2日目は日本三名園である兼六園に行ってきました。
kenrokuen_boad.jpg
日本庭園ですね。国の特別名勝にも指定されてるのだとか。
ホテルから近い場所にあるくせに、ツアーには組み込まれてないスポットでした。どう考えてもオカシイだろ。御土産屋に行く時間あるなら回らせろッ、・・・・・って後で思ったね。

そんなこともあり、兼六園には早朝行きました。
朝の4時00分~6時45分までは無料開放してるらしいんでね。これは行くしかないだろ、って事で直行。


とりあえず朝の6時くらいに到着。朝のジョギングしてる人も何人かいました。

撮った写真を上げていきます。
kenrokuen_1.jpgkenrokuen_bird.jpg
左は入ってすぐの所かな。
右の鳥はサギだと思うんだけど・・・違ったら「ちげぇよw」ってコメント下さい。このトリは噴水の所にいました。歩き方が何となく上品だった気がするw 鳥っていいいよね。


そのまま上に行くと、かの有名な景色が見られます。
kenrokuen_3.jpg
名前忘れたけど、かなり見ごたえがあります。
早朝の涼しい時間帯。日もまだ浅く、その景色はちょっと幻想的でした。見てるだけで心が落ち着きます。


しばらくすると、さっきの鳥がこの場所まで飛んできました。
kenrokuen_2.jpg
奴だッ! 奴が来たんだッ!
思わず「またお前か」って呟いてたねw
撮ったタイミングが良かったのか、「こっちみんなw」っぽい角度になりました。


その後は公園をグルっと見て回りました。
kenrokuen_4.jpg
この写真は結構気に入ってる1枚。朝日でちょっと逆光になりそうだけど、この光の入り方とか良くない? さらさら流れる川や、左にある置物、草木とかのバランスが美しかった。


途中でこんなものを見つけた。
kenrokuen_5.jpg
あれ何だろうね? 社・・・かな。柵で囲まれた中にポツンとありました。
でも神秘的でいいね。


こちらは通り道。
kenrokuen_6.jpg
何となく目に入ったので撮影。とくに意味はないけどねw
こんな道一つにしても画になるからすばらしいと思う。印象的でした。

丁度この辺りで「6時45分になったので退場してください。」というアナウンスが流れる。45分があっという間に過ぎてしまいました。
こんな景色見てしみじみするのも乙なもんですね。


ホテルへの帰り道、道路にこんなものを見つけた。
kanazawa_shobo.jpg
見たところ、消火栓らしいです。
これって兼六園のあの景色をモチーフにしてるんだよね。消火栓にデザインが施されてるものを初めて見た気がする。


こんな感じで、2日目の朝が始まりました。
この日は御土産屋が中心だったので、続き上げるかは微妙。

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

| コメント(3) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

【旅行1日目】 白山スーパー林道からの景色

2008.08.20 22:26  旅行・キャンプ・聖地巡礼

旅行の続きです。
前回⇒【旅行1日目】 岐阜県の白川郷ですか? いいえ、雛見沢です。Part2

雛見沢、白川郷の話が終わったので、カテゴリーを普通の日記に戻します。
さて、書いていくか・・・。



岐阜県の白川郷を観光した後は、石川県の金沢に向かいました。
その時、白山スーパー林道ってのを通ったので紹介。

・・・まぁ見られるものは限られてるんだけどNE

その名の通り、この道は白山にありますw
高度が上るにつれてかなり霧が深くなりました。曲りカーブは多くなってくるし、狭い道が増えてくるし・・・山とか走らないんで少し怖かったかな。あれは高所恐怖症になる。
途中までは白川郷も見えたんだけどねぇ。

まぁそんな感じで最初の観光場所に到着。
一応画像うp
hakuzan_toga.jpg
とがの木台駐車場という場所からの景色です。
本当はここから白山山頂の「御前ヶ峰」が見えるらしい・・・。しかし、あいにくの天気で見えなかったorz 「山の天気は変わりやすいのSA」って誰かが言ってたなぁ。白川郷は晴れてたのに・・・。

でも、この場所すごく涼しくて良かったです。それだけでも嬉しい。
たぶん20℃ちょっと超えるくらい? 肌寒さをほのかに感じるくらいの温度でした。


その後バスにのって移動。この後すぐに雨がザアッっと降ってきました。通り雨の強力なのが一気に来ましたねw


そして次の観光スポットに到着。
hakuzan_fukubetaki.jpghakuzan_fukubesetsumei.jpg
ふくべの大滝というデカい滝です。
白山スーパー林道の中では一番大きいと思う・・・うん、多分。

この頃になると雨はポツポツ降るレベルになってました。
それとは別に、滝から来る水しぶきもありました。生の滝は迫力あるねぇ。

滝の写真は10枚くらい撮ったんですが・・・ブログ上げるときにどの角度がいいのか結構迷ったw 素人が写真なんでね。多めに見て下さい。
もっとアップの写真もあるんですが・・・物より思い出ですよww


あと、この場所から撮った山々
hakuzan_valleyview.jpg
滝の左側にある景色です。
自然って壮大だよね。こういう景色って、奈良か和歌山に行った時以来です。


白山スーパー林道はそんな感じ。バスに乗ってる時に限って雨が降ったてたのは奇跡だね。



続き⇒【旅行2日目】 金沢市にある兼六園に行ってきた

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

| コメント(4) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

【旅行1日目】 岐阜県の白川郷ですか? いいえ、雛見沢です。Part2

2008.08.15 23:46  旅行・キャンプ・聖地巡礼

前回の続きです。
【旅行1日目】 岐阜県の白川郷ですか? いいえ、雛見沢です。Part1



まず最初は途中で見かけた景色をドゾ。
shirakawa_flower.jpg
国家重要文化遺産である「和田家」の横にあった花畑。キレイなので撮りました。
和田家というのは園崎本家の背景として使われています。
園崎家の居間、ふすま、梨花ちゃんが「拷問狂め!」と言った部屋、拷問室に続く階段などなど。・・・・・しかし、残念ながら和田家は時間がなかったので行けませんでしたorz これが残念で仕方ない。


この後に向かったのは竜宮家
renahouse_left.jpgrenahouse_right.jpg
白川郷の北東にあります。さっき話した園崎本家の近くですね。
ひぐらし原作では、竜宮家は2つの家が背景に使用されています。どちらも道路の両脇にありました。写真は角度が違うからレナハウスに見えないかもしれない…・。
でもレナハウスですw


次に北条家。
houjouke.jpg
俗に言う鉄平☆ハウスですw これは角度完璧。
ひぐらし原作ではあまり印象の良くない北条家。崇殺し編が軽くトラウマだったなぁ。


その次に古手家。
rikahouse.jpg
梨花ちゃまハウスキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
まさに、そのままの光景。確か角度もこんな感じだよねw
家としても一番印象が深かったです。


言ってなかったけど、竜宮家、北条家、古手家、3つの家は互いにとても近い場所にあります。歩いて30秒くらいかな。ちょっと意外でした。


そして、この古手家のすぐ横の道は・・・・・
usoda_saka.jpg
これは・・・分かるかな。通学路は通学路なんですが

嘘だッ!!!

とレナが叫ぶシーンで使われた背景かな・・・かな。
通称「嘘だの坂」w ちょっと角度が違うけどね。
これも見てすぐに分かったなぁ。あのトラウマが蘇る。目が白くなって・・・・空気が変わり始めて・・・・そして「嘘だッ!!!」。あの日から雛見沢は変わってしまうんです。


民家はこんな感じですね。
このあとは、「嘘だの坂」の後ろにある坂を登って展望台を目指します。この時点で残り時間は20分程度。これでバスで戻れるか、かなり不安でした。


その道中も見覚えのあるシーンがあったので、富竹フラッシュッ!!
tsugakuro.jpg
こちらも通学路。もうちょっと右寄りで撮るべきだったかな。
確かレナが鉈をもって迫ってくるシーンで使われたよね? よね?


それにしてもこの坂道がきつかったw
バス駐車場から展望台まで40分かかると書かれてたのに・・・・残り時間20分で頂上を目指します。12日の午後3時過ぎ・・・白川郷を必死に走ってた男がいたら・・・それはきっと俺ですw


そしてついに俺は坂を登り切る。


まず目についたのは、梨花ちゃんの秘密の場所として使われた場所。
rika_himitsu.jpg
こんな背景あったよね。これも原作にピッタリ合いすぎて驚きました。
この時点でかなり息を切らしてるけど、関係ねぇ。古手神社も印象深かったし、これが見れただけでも嬉しかった。

写真の奥に人だかりが見えますね。そこに向かってみると・・・・



hinamizawa_tenbodai.jpg

!!!

言葉を失います。そこは白川郷が一望できる展望台。あまりにも美しすぎて思わず笑ってしまった。坂道ダッシュして汗びしょびしょだったけど、それに見合うだけのものが見られたと思います。
あの景色は綺麗だったなぁ。

ここもひぐらし原作で登場してる背景。K1が雛見沢にやってきて、初めて部活メンバーとハイキングか何かで出かけた日かな。梨花ちゃんに案内されてこの景色見たんでしたっけ? あれは坂道の途中の景色だったかな。まぁいいや。
この景色は誰が見ても感動するんだろうねぇ。

本当に良い景色が見られて満足です。


この後はダッシュしてバスに戻りましたw 時間ぎりぎりだったよ。


白川郷散策はこれで終わり。1時間20分という時間はあまりにも短すぎました。
また機会があれば行きたいなぁ。



※白川郷の合掌造りは世界遺産です。※
※マナーを守り、節度ある行動をしましょう。※


聖地巡礼するにあたって参照したサイト様
参照⇒雛見沢観光案内地図
参照⇒ひぐらしの里旅行記
参照⇒"ひぐらしのなく頃に" 雛見沢観光ツアー



次⇒【旅行1日目】 白山スーパー林道からの景色

テーマ : ひぐらしのなく頃に - ジャンル : アニメ・コミック

| コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

【旅行1日目】 岐阜県の白川郷ですか? いいえ、雛見沢です。Part1

2008.08.15 22:43  旅行・キャンプ・聖地巡礼

みなさんお久しぶりです。

前の日記でも書いたとおり、12~13日は岐阜&石川県を旅行してきました。岐阜県は「白川郷」、石川県は「金沢周辺」。・・・結構安い旅行コースだったりしますw

写真をそれなりに撮ったので、アップしていきたいと思います。
一応観光した順に話していきます。



【1日目前半】
京都から出発して、まず目指すは「白川郷」。この白川郷といえば「世界遺産 白川郷合掌集落」として世界的に有名ですよね。
しかし、俺の観光目的は違う。ここを回りたい理由はこうだ。

ひぐらしのく頃に(解)の舞台元だから

これも含まれます。
ひぐらしの世界である「雛見沢」はこの「白川郷」をモチーフにしてます。背景に使われている画像も、ほとんどがこの白川郷で撮られたもの。知ってる人が多いけど一応紹介しておきます。
もちろん合掌造りにも興味はあるけどね。


※白川郷の合掌造りは世界遺産です。※
※マナーを守り、節度ある行動をしましょう。※


~ここから本題~

せせらぎ公園にバスが止まり、最初に向かったのは「合掌式建築民家園」
ここはその名の通り、合掌造りの民家を見学できます。
この民家園には水車小屋があるんですが・・・・・
suishagoya.jpg
これ、どっかで見たことありません?

実はこの水車小屋、魅音との待ち合わせの場所なんです。ちょっと撮る角度が違うけどね。もう少し左にずらせばピッタリです。
もちろん水車は動いてますよ。その動力で、中にある木の棒が上下に可動します。


そういえば民家園で「どぶろくアイス」なるものを食べました。何で出来てるかは知らないけど、美味しかったですw ちょっとお酒の味がするアイス。甘酒みたいなイメージです。


その後「であい橋」を渡り、続に向かったのはここ。
yawata_left.jpgyawata_right.jpg
これは分かりますね。綿流しの祭りで盛り上がる古手神社です。
思わず「おおぅ、古手神社ッ! 古手神社じゃないかッ!」って言ってましたw

ここは「白川八幡神社」。白川郷の南側に立ってます。何か「どぶろく祭り」ってのを宣伝してました。かなり賑わうらしいです。
左の写真は角度完璧b 右の写真は角度間違えたorz でもイメージは分かるよねww
もちろんお賽銭もしました。二拝二拍手一拝でね。


ちょっと接近して富竹フラッシュッ!!
yawata_ema.jpg
サーセン箱の右側にあった絵馬の写真です。
もうね、9割以上がひぐらし関係でビックリしました。思わず「これはひどいww」って言ってしまうレベル。まぁ確かにひどいけどね。ちょっと自重するべきかもしれない。
中にはどっかで見たような絵柄があったりなかったり・・・


こっちは神社の祭壇側から下を見下ろした様子
yawata_back.jpg
これもゲーム中に出てくる背景。
ここまでキレイに当てはまると我を忘れます。「美しい」の一言です。


言ってなかったけど、この「白川郷」は自由散策の場所でした。時間は1時間20分。もう民家園と白川八幡神社で30分ほど使ってました。これはまずい。
ということで、古手神社を名残惜しみながら白川郷の北側へ移動。


途中、こんな場所にも行ってみました。
renamachiawase.jpg
これも分かる人はピンと来ますね。
そうです。この場所はレナとの待ち合わせの場所。角度はこんな感じだったはず。原作の背景に使われてるのは赤いポールが立ってたけどね。
ここかなり雰囲気が出てて嬉しかったなぁ。


そのすぐ近くに川が見えたので撮影。
watanagashi_river.jpg
白川郷のそばを流れる圧川です。
確か「綿流し」の祭りで登場した川だったと思う。間違ってたら「ちげぇよw」ってコメント下さい。
時間なかったから降りてないけど、その景色はとてもキレイでした。


さっきからひぐらし関連ばっかりの画像ですみませんw
Part1の最後に、白川郷の合掌造りを見に来たってのをアピールしときましょう。
gasshoudukuri.jpg
合掌造りですよ。
やっぱり実物は写真では分からないインパクトがあります。思ってたより縦に長いってのが最初の印象。屋根に角度があるんだよね。
この合掌造りも昔は300軒ほどあったそうです。それが今では110軒まで減ってしまい、保存活動が進んでいるとか。・・・・そうバスの添乗員さんが言ってました。


このあとは竜宮家、北条家、古手家、そして梨花ちゃん秘密の場所である展望台などを紹介していきます。画像が多いので2つに分けますね。

Part2に続く

Part2⇒【旅行1日目】 岐阜県の白川郷ですか? いいえ、雛見沢です。Part2

テーマ : ひぐらしのなく頃に - ジャンル : アニメ・コミック

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

カウンター

プロフィール

最近のコメント

アクセスランキング

リンク

応援

カテゴリー

カレンダー(月別)

東方の記録(ノーコンティニュークリア)

RSSフィード

中の人

アクセス関係

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。