スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

沙都子の誕生日

2006.06.24 22:41  ひぐらしのなく頃に解

風邪はさらに悪化し、咳がでてきて微熱も少しあったりします・・・。これはマズいです。実にヤバイです。学校でも流行ってるようなので、みなさんも気をつけましょう。でも今日ばかりは書きなぐります。

今日はついに待ち望んでいたものが届きました。
higurashi3

ひぐらしの第②巻です。来たよ、とうとうキタ。本日24日に届きました。発売日が22日なのに今日届きました。・・・こればかりは仕方ないんですけどね。
本の厚さが普通のマンガの2倍ほどありました。ページ数が半端じゃないです。これ読んでさらに頭を痛めました・・・。
でも内容は良かったです。すばらしかったです。頭痛をも吹っ飛ばすような圧倒感。
「綿流し編」が一番怖く感じました。持ってる方なら分かるだろう。あの目のシーンや最後の病院のシーン。大胆にまるまる1ページ使って描かれてるあのシーンはひんやりさせられます。怖かったよ。
「鬼隠し編」は手が挟まれるシーンがヤバかった。みんなも一度は経験したことがあると思われる手を挟む行為。ある意味ダイレクトに痛みが伝わってきましたよ。「罪滅し編」の予告もいい感じです。圭一とレナがカッコいい。圭一の死んだ後の梨花ちゃんや沙都子の様子も描くという、本編では描かれなかった一面もあって良かったです。梨花ちゃんが沙都子に言うセリフに、深い意味が込められてます・・・。かなり深いです。
「祟殺し編」、鉄平ボッコボコなシーンがインパクトあります。圭一覚醒シーンもかなり凝ってました。祟殺し編はあまりに生々しい。人間の難しい問題が描かれてます。

どの話にも足音が健在してて良かったです。そこにいた何かが俺には見えたような気がしたんだ・・・。いや、ひぐらしを極めたヤツなら目に見えたはずだ!

 
そして今日は沙都子の誕生日なのだそうです。おめでとう沙都子!

さらに話は変わるが、昨日は「ニンテンドー64」の誕生10周年の日でした。

スポンサーサイト

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

この記事へのコメント

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カウンター

プロフィール

最近のコメント

アクセスランキング

リンク

応援

カテゴリー

カレンダー(月別)

東方の記録(ノーコンティニュークリア)

RSSフィード

中の人

アクセス関係

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。