スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

液体窒素No.2

2006.09.23 21:17  ガンガン系コミック

それと、「鬼曝し編」と一緒に買ってきたのが「ソウルイーター」

ソウルイーター 7 (7) ソウルイーター 7 (7)

著者:大久保 篤
販売元:スクウェア・エニックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

いつになくツボにハマってる面白いマンガです。
やはり注目すべきは「ヘヤノスミス」。文字通り、それは四角い部屋の隅っこのことを指す。そんなカオスな場所に名前付けちゃったクロナは面白い。面白すぎる。面白すぎるんだよ!
7巻では世界中にいるデスサイズたちが集まって来るわけですが、各々のキャラが個性豊かで面白いです。ちなみに上の表紙に載ってるのがデスサイズスの人たち。やはり個性は豊かである。
魔武器も設定の限度がないから色んなヤツが登場してきます。多分そこもソウルイーターの魅力なんですね。

 
それから、本日は高校で中学生の学校体験がありました。
化学部では液体窒素をメインに、錬金術とか人口イクラとか色々やりました。中学生集めるのが大変だったけど面白かったです。
液体窒素によって冷凍化したマシュマロはクッキーっぽくて意外な感触でした。スライム冷やしたのも、今まで触ったことが無いような感触。まさに新感覚なんだね。
最後にやった超電導も印象的。去年の愛知博にリニア館で既に見てたんですけど、やはり間近で見るものは違いますね。超電導って磁石が宙に浮いてるんです。-196℃、何の抵抗もなく浮き続ける様はイイね。

スポンサーサイト

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

この記事へのコメント

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カウンター

プロフィール

最近のコメント

アクセスランキング

リンク

応援

カテゴリー

カレンダー(月別)

東方の記録(ノーコンティニュークリア)

RSSフィード

中の人

アクセス関係

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。