スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

「蔵出し編」到着!

2007.06.08 23:59  ひぐらしのなく頃に解

ついに今週の月曜日、ひぐらしのく頃に「蔵し編」が届きました。
kuradashi.jpg
前に応募した「猫殺し編」の表紙に似てます。
タイトルも「蔵し編」ということで、本編では語られなかった裏話が収録されてます。IFの世界ですね。(少し言い換えると、ボツになった話)

月曜日に届いた割りには、まだ半分しか読んでない・・・。
それでも色々なIFの話があって面白かった。竜騎士07さんはスゴいです。こんなにテキスト書いてるとは思ってなかったよ。

少しネタバレの危険もあるので、隠しますね。

じゃあ書きます。
1番驚いたのは悟史君のキャラ設定。原作では優柔不断なんですが、最初の設定は違ったのだ。とにかくクール&ドライ!
何か・・もう・・、自己紹介する辺りとかエリートキャラです。読書を好み、詩音、うるさい」とか言うシーンもありました・・・。まさにクール&ドライ!
こんな彼もイイかもしれない・・。

あとは「暇潰し編」のシーン。とにかく雪絵さんの死がすごく早かったんです。なので、早くから赤坂の心理状態が不安定になるのは当然。
まぁそこはいい。問題は大石さんです。
これで大石さんは赤坂を励ますんですが、その時に言うセリフがすごく優しいんです。泣くのを堪えてる赤坂に対して、「・・・いいんですよ。泣いたって。」って言ってました。その時にラジオをつけたりして気遣う大石さんは・・・・・、大石さんではないようだったっだ・・・。
これは驚いた。祭囃し編でもそんな一面見せたけど、こんな大石さんはイメージできなかったよ。いつも「んっふっふ」って笑ってるんだから・・・・。
スポンサーサイト

テーマ : ひぐらしのなく頃に - ジャンル : アニメ・コミック

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

この記事へのコメント

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カウンター

プロフィール

最近のコメント

アクセスランキング

リンク

応援

カテゴリー

カレンダー(月別)

東方の記録(ノーコンティニュークリア)

RSSフィード

中の人

アクセス関係

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。