スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

金色のガッシュ28巻

2007.03.18 11:08  サンデー系コミック

今日は「金色のガッシュ28巻」買ってきました。

金色のガッシュ!! 28 (28) 金色のガッシュ!! 28 (28)

著者:雷句 誠
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

発売が16日だったことを忘れてました。前みたいにツンデレで否定はしない。

というわけでファウード編もこれがラスト。コミックスも28巻目です。
実を言うと、最初はこの「ファウード編」よりも「千年前の魔物編」の方が面白いと感じてたんです。少しマンネリしてる所もあったからね。
が、しかし、それはゼオンの存在によって変わった。彼が登場してからその面白さもガラっと変わったんだよ。27巻のガッシュVSゼオンのシーンとかかなりカッコよかった。

俺はこの展開を待ってたんだ!

序盤では謎キャラだったゼオン。その面影は所々あったりしたけど気になるキャラだった。そんなゼオンが「ここで登場するのかッ!」と思わせる登場をしてくれた。それがマジで嬉しかったんですよ。
圧倒的な力を見せつけて状況をガラっと変えてくれるあの感じが好きです。

あっ、まだ感想に入ってなかったね。じゃあ書いていこう。
チェリッシュロデュウの活躍も良かったんですが、この巻でもやっぱりガッシュVSゼオンのシーンが印象的でした。
この巻では2人の過去が語られてるシーンがあるんですが、お互いに家の事情でツラい幼少期を送っていたのが分かって胸にグッっと来たんです。その事情でガッシュは産まれなかったことにされたし、ゼオンは厳しい英才教育を受けることになった。・・ううっ、何て可愛そうなんだ・・・・。
さらにデュフォーにも辛い過去があったことが判明。才能を悪用されてる辺りが読んでて辛かった・・・・。デュフォー可愛そうだ・・・。

でも、こういう苦難を乗り越えていくストーリーって好きですよ。最後の分かり合ったシーンが良くって良くって・・・

「許せ、ガッシュ・・・
兄が愚かだった。」

が、かなり印象に残った。ゼオンかなり好きだ。
マジで感動しました。

そんなガッシュも本編では魔物の数が10匹になりました。最後の強敵クリア・ノートをどう倒すのかも気になるんですが、ティオキャンチョメたちの今後の扱い方も気になる・・・。彼らはどうなるんだろうなぁ・・・。
何にせよ、最後だけはグダグダになってほしくないです。キレイに納得できる形で終わって欲しいな。

スポンサーサイト

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

この記事へのコメント

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カウンター

プロフィール

最近のコメント

アクセスランキング

リンク

応援

カテゴリー

カレンダー(月別)

東方の記録(ノーコンティニュークリア)

RSSフィード

中の人

アクセス関係

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。