スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

「夏のあらし」 2巻と3巻

2009.05.03 09:00  ガンガン系コミック

 「夏のあらし」 2巻と3巻の感想~。普通にネタバレとか書くので、嫌な人は「戻る」を連打して下さい。
 どの辺りまでがネタバレか少し悩むよね。

 最初は2巻から。
夏のあらし! 2 (2) (ガンガンWINGコミックス)夏のあらし! 2 (2) (ガンガンWINGコミックス)
(2007/09/14)
小林 尽

商品詳細を見る
 色々と急展開でした。
 過去に戻る力で、昭和20年の日本に飛ぶことに。その時代は戦争の真っ直中。そこで本来「しぬ」はずの人を助ける行為に出るわけですが…。結構衝撃的でした。戦時下の空襲や、それによる人々の言動が生々しく描かれてましたね。

 しかし、そこで助けた人が現代で生きてるわけですよ! 
 グラサンが自己紹介するシーン、思わず「おぉ」とか言ってしまいましたw あれは鳥肌が立つね。村田英雄。「えいゆう」と書いて「ひでお」。1巻からの複線っぽいです。

 という事は、今後助ける人はみんな現代に存在している…ってなるのかな?
 タイムパラドックス関係はどうなるのか気になる所。



 グラサンの話も驚いたけど、潤が…まさか女だったなんてッ!! ボクッ娘とはちょっと違うんだけど、普通に気付かなかったなw 確かに髪とか女性っぽいけどね。
 これは新たなラブコメに派生するかもしれん。





 続いて第3巻。
夏のあらし! 3 (ガンガンWINGコミックス)夏のあらし! 3 (ガンガンWINGコミックス)
(2008/03/22)
小林 尽

商品詳細を見る
 今更だけど、表紙の背景が方舟で統一されていることに気づいた。

 例の怪しい2人組がいる屋敷に突入。…あれです、アニメの最後を締めくくるオチ担当の2人w
 彼女達もあらしやカヤと同じように、幽霊的ポジションらしい。出会って仲の深まるエピソードが結構ドラマチックで好きです。その裏にタイムトラベルが関わっていたなんて誰が予想できただろうw

 でも、逆に言うとタイムトラベルなしに今の2人はあり得なかった。やよゐが立てるようになった事も、加奈子が演奏会にやってくる事も、全て必然だったのかな…と思ってみたり。
 とりあえず、やよゐが可愛くて俺は満足ですw
スポンサーサイト

テーマ : 漫画 - ジャンル : アニメ・コミック

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

この記事へのコメント

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カウンター

プロフィール

最近のコメント

アクセスランキング

リンク

応援

カテゴリー

カレンダー(月別)

東方の記録(ノーコンティニュークリア)

RSSフィード

中の人

アクセス関係

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。