スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

劇場版 「涼宮ハルヒの消失」 を観てきました

2010.02.08 23:20  映画・テレビ

友達と2人で劇場版「涼宮ハルヒの消失」を観てきました。
11:05からのを見るために、09:20から並び始める。しかし、既に20人ほどの列ができてました。平日なのに人多い。公開3日目だからこんなもんか。


画質悪いけど、京都シネマにあったパネル。
haruhi_dis_adv.jpg
グッズ販売コーナーには、映画の原画も展示されてました。キャラクター2枚、背景2枚の計4枚。
ただ、京都シネマはスクリーンが小さいので、「大きいスクリーンで見たい」という人にはオススメできませんね。今日初めて行ったんですが、ちょっと驚きました。観てる時は気にならないけど。



とりあえず、アニメか原作を知っていれば楽しめる内容になってます。最初に説明が入るけど、全く知らないとジョン・スミス辺りの話が分からないと思います。そこだけ注意です。
それでも、最近観た映画の中では一番オススメできると思います。また観に行きたい。


少し映画の感想を書きます。ネタバレも含まれると思うので、ご了承下さい。







単刀直入に、映画はとても良かったです。想像以上の仕上がりでした。
2時間40分もあるわけですが、それを退屈にさせないテンポの良さ。原作に忠実な展開。小説の内容を余すことなく描いていると思います。


消失長門には見入ってしまいますね。
奥手な長門、可愛かったです。顔をちょっと赤くして、後ろからキョンの服を摘むんですよ。あの仕草は可愛かったなぁ。消失長門だけでも見る価値は十分にあるはず。こっちまでドキドキさせられました。

個人的に見所として推したいのは、キョンが長門に入部届けを返すシーン。何と言うか、……胸が張り裂けそうになります。受け取る様子が見ていて辛いけど、何か印象に残るワンシーンでした。
キョンの回想シーンに登場する長門にも注目。改札口を使った比喩表現が気に入りました。
泣くまではいかなかったけど、この辺りは涙腺にウルッと来ましたね。

最後の「ゆき」の言葉に反応する長門も可愛かった。キョンは「雪」で話を通したけど、あれは照れ隠しなんだろうなぁ。そうだと願いたい。
消失の長門は切なすぎます……。



それにしても、光陽園ハルヒが目を輝かせたときの安堵感は異常。初めて理解してもらえたような感覚。それだけ、キョンに感情移入してたってことかなw


EDは、茅原実里が歌う「優しい忘却」。この曲も切ないですね。
個人的には、アカペラより曲アリの方が良かったと思いました。
スポンサーサイト

テーマ : 涼宮ハルヒの消失 - ジャンル : 映画

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

この記事へのコメント

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カウンター

プロフィール

最近のコメント

アクセスランキング

リンク

応援

カテゴリー

カレンダー(月別)

東方の記録(ノーコンティニュークリア)

RSSフィード

中の人

アクセス関係

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。